朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.06.22

会社案内

光と人間 (新装版)

光と人間

A5/196ページ/2015年07月10日
ISBN978-4-254-10272-7 C3040
定価1,944円(本体1,800円+税)

大石正 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

人間の生活に欠かすことのできない光を,生理学を中心に,民俗・都市計画をも含め幅広く解説。〔内容〕視覚的動物ヒトへの進化/光と民俗誌/光環境と眼/紫外線・色彩・照明と人間の生活/エクステリア・都市計画と光/他

編集部から

1999年初版の新装版です。

執筆者一覧

【編集者】大石 正
【執筆者】安藤秀哉,相澤清香,相見 満,大石 正,近藤雅樹,登倉尋實,中川早苗,益田敦子,面出 薫,森田 健,横田健治

目次

1. 哺乳類の光生理反応
 1.1 哺乳類の光生理反応にはどんなものがあるか
  年周リズム(季節リズム)/日周リズム
 1.2 光が季節や時刻のシグナルとして重要なわけ
 1.3 光周性
  長日動物と短日動物/臨界日長/光履歴作用/光不応/非光周性動物
 1.4 日長を感じるメカニズム(光周反応機構)
  生物時計との関係(概日時計による方法)/松果体,メラトニンの働き
 1.5 光伝達経路とメラトニンの作用機序
 1.6 概年リズム
 1.7 日周リズム(概日リズム)
2. 視覚的動物ヒトへの進化
 2.1 現生霊長類の分類
 2.2 霊長類とは
 2.3 霊長類の進化史
 2.4 霊長類の眼
  タペタム/網膜/光受容体
 2.5 哺乳類の色覚
  哺乳類の色覚の進化/現生哺乳類の色覚/霊長類の色覚
3. 光の民俗誌
 3.1 光のメタファー
 3.2 薄明
 3.3 怪し火
  鬼火/鳥火/遺念火
 3.4 見えない光
 3.5 宝石の輝き
4. 光環境と眼
 4.1 光を感じる眼
  地球の光環境と生物/いろいろな眼/物を見る眼/脳で物を見る/光受容の分子機構/視物質の進化
 4.2 眼内ホメオスタシス
  暗順応,明順応/眼内概日時計/光環境と眼障害(ホメオスタシスの崩壊)人工光と眼
5. 光環境と人間の生理反応1
 5.1 日中経験する明るさの違いが,夕刻寒冷にさらされた際の着衣行動に対する影響
 5.2 日中経験する明るさの違いが,暑熱にさらされた際の発汗反応に与える影響
 5.3 日中経験する明るさの違いが,寒冷にさらされた際の冷感覚に与える影響
 5.4 日中経験する明るさの違いが,夕刻の好みの色に対する影響
6. 光環境と人間の生理反応2
 6.1 わたしたちを取り巻く光環境
  自然光の量と質/人工光の発明
 6.2 太陽光の効果
 6.3 人工照明の影響
  色光の影響/スペクトルの効果/色温度の効果
 6.4 メラトニンへの影響
  照度/波長/非視覚的効果に係わる受光器
 6.5 生理反応の時間変動
 6.6 季節性感情障害と光
7. 紫外線と人間の生活
 7.1 紫外線
 7.2 皮膚の構造と機能
 7.3 紫外線と皮膚
  サンバーン/サンタン/シミの発生/シワの増強/皮膚ガンの誘発/免疫機能の低下
 7.4 紫外線の防御方法
  日やけ止め化粧品/未来の紫外線防御化粧品
8. 色彩と人間の生活
 8.1 色彩の世界
  光の色/物の色/色の知覚・感情効果
 8.2 暮らしの中の色彩
  食べ物と色彩/服飾と色彩/住まいと色彩/景観と色彩/視覚言語としての色彩
9. 照明と人間の生活
 9.1 生活の中の照明の役割と課題
  「安全」の視点からの課題/「快適」のための課題/「便利さ」と「経済性」の課題
 9.2 心理的な快適さを求めて
  光色によって受ける印象/照度と色温度と快適領域/照明環境を構成する照明光の諸要素が及ぼす心理的な印象
 9.3 生理的な快適さを求めて
  照度・色温度の与える生理的影響/生体リズムを調整する光/就寝前の照明環境/就眠中の照明環境/深夜の中途覚醒を抑える配慮/すっきりした目覚めの工夫
 9.4 高齢者を配慮したあかり
  十分な明るさを確保する/深夜はほどよい暗さで照明する/安全で安心の配慮をする/簡単で便利であること/楽しく快適な環境づくり
10. 都市生活における光の役割
 10.1 飽食の時代からの脱皮
 10.2 時代とともに変化する照明の役割
 10.3 高度成長期に対するアンチテーゼ
  大量の光(光の足し算に明け暮れた日々)/均質な光(陰りのない均一な光の幻想)/真っ白な光(太陽でも色温度を変化させるのに)/まぶしい光(明るさとまぶしさをまちがえた)/上からの光(横から下からの光が消えた)/高効率な光(効率の必要なところと不必要なところ)/時を止める光(光は時の流れとともに)
 10.4 21世紀に期待される都市照明
 10.5 JR京都駅ビルに見られる新たな光環境の意図
11. 索 引