朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2021.09.01

会社案内

ジャンル統計応用統計

シリーズ: Pythonによるビジネスデータサイエンス 3

マーケティングデータ分析

マーケティングデータ分析

A5/168ページ/2021年09月01日
ISBN978-4-254-12913-7 C3341
定価2,860円(本体2,600円+税)

中原孝信 編

カートに入れる

※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。


【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

実際のデータを用いながらマーケティングデータ分析の基礎を学ぶ。データとサンプルコードはダウンロード可能。〔内容〕マーケティングにおけるデータ分析/マーケティング分析のためのデータ/集計と可視化からのデータ理解/他

編集部から

本書のサンプルプログラムとサンプルデータが右記のサポートサイトよりダウンロードできます。

執筆者一覧

シリーズ監修者
加藤直樹(兵庫県立大学大学院情報科学研究科/社会情報科学部)

編集者
中原孝信(専修大学商学部)

執筆者(五十音順)
岩幸子(国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系)
小池 直(株式会社マクロミル)
中原孝信(専修大学商学部)
生田目崇(中央大学理工学部)
羽室行信(関西学院大学経営戦略研究科)
松下光司(中央大学大学院戦略経営研究科)
松下寿美子(株式会社光洋)

※所属は刊行当時

目次

1. マーケティングにおけるデータ分析
 1.1 マーケティングとは何か?
  1.1.1 売れる仕組みとしてのマーケティング
  1.1.2 交換としてのマーケティング
 1.2 マーケティング戦略の設計
  1.2.1 マーケティング目標の設定
  1.2.2 マーケティングミックスの枠組み
  1.2.3 セグメンテーションとターゲティング
  1.2.4 差別化とポジショニング
  1.2.5 マーケティング戦略設計のステップ
 1.3 消費者の購買行動の分析とマーケティング戦略
  1.3.1 消費者の購買意思決定プロセス
  1.3.2 代替案の評価
  1.3.3 代替案評価とマーケティング戦略の設計
 1.4 マーケティング意思決定とマーケティングデータ
  1.4.1 マーケティング情報システムとは何か?
  1.4.2 マーケティング意思決定における情報の役割
  1.4.3 マーケティングデータの種類
 1.5 マーケティングにおけるデータ収集と活用
  1.5.1 マーケティングリサーチ
  1.5.2 マーケティングメトリクス
  1.5.3 マーケティングデータの活用
 1.6 おわりに

2. マーケティング分析のためのデータ
 2.1 消費者購買データQPR
  2.1.1QPRの概要
  2.1.2QPRの特徴と活用シーン
  2.1.3QPRの開発背景と今後の展開
 2.2 スーパーマーケットのPOSデータ
  2.2.1POSデータなど多様な業務データの活用
  2.2.2 マーケティングへの利活用
  2.2.3 スーパーマーケットでの単品管理
  2.2.4 スーパーマーケットでの顧客管理
 2.3 焼肉店の売上データ
  2.3.1 焼肉データの基本情報
  2.3.2 POSデータと各種データの特徴

3. 集計と可視化からデータを理解する
 3.1 焼肉店データの基礎集計
  3.1.1 焼肉データの基礎集計
  3.1.2 売上金額の確認
 3.2 都道府県別の購買商品傾向の発見
  3.2.1 単純集計とクロス集計
  3.2.2 詳細な分類レベルの集計

4. 顧客の分析
 4.1 デシル分析とRFM分析による顧客セグメンテーション
  4.1.1 デシル分析
  4.1.2 RFM分析
 4.2 健康志向の消費者に特徴的な購買行動を探る
 4.3 健康食品を購入する消費者の特徴分析

5. 商品の分析
 5.12部グラフを利用した商品分析
  5.1.1 課題は現場にあり?
  5.1.2 店舗分析
  5.1.3 バイクラスタリング
  5.1.4 モニタ{商品の2部グラフデータセットの作成
  5.1.5 バイクラスタリングの実行
  5.1.6 クラスタの評価解釈
  5.1.7 施策の実施と評価
  5.1.8まとめ
 5.2 相関ルール分析による売場づくり
  5.2.1 相関ルール分析とは
  5.2.2 相関ルール一覧表の作成
  5.2.3 相互類似関係を用いたルール選択
  5.2.4 相関ルールの視覚化と売場の考察
 5.3 ヨーグルトを対象にした価格設定に関する分析
  5.3.1 価格弾力性
  5.3.2 交差弾力性
  5.3.3 価格設定に与えるコストの影響
  5.3.4 価格弾力性の計算準備
  5.3.5 価格弾力性の計算
  5.3.6 交差弾力性の計算

6.  店舗の分析
 6.1 ドラッグストアvsコンビニエンスストア―店舗選択要因の発見
  6.1.1 ドラッグストアのコンビニ化
  6.1.2 相関ルールの列挙
  6.1.3 ネットワークの可視化
 6.2 店舗クラスタリングとポジショニングマップによる競合分析
  6.2.1 主観的評価軸によるポジショニングマップ
  6.2.2 主成分分析によるポジショニングマップ
  6.2.3 対応分析によるポジショニングマップ

  関連情報

『マーケティングデータ分析』サポートサイト