朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.03.17

会社案内

深海底の地球科学

深海底の地球科学

A5/212ページ/2016年11月15日
ISBN978-4-254-16071-0 C3044
定価3,672円(本体3,400円+税)

藤岡換太郎 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

世界各地の深海底における地質・生態・地球科学の興味深いトピックを取り上げ,専門家の視点から平易に解説。〔目次〕太洋中央海嶺/トランスフォーム断層/オフィオライト/海溝/背弧海盆/海山と海台/深海底に生息する生物/他

目次

序章 地球の現在の姿と構成
 0-1 世界地図を眺めてみよう
 0-2 プレートが沈み込むところ,島弧-海溝系
 0-3 島弧-海溝系の横断地形名
 0-4 海と陸の分布
 0-5 ヒプソグラム
 0-6 地球上で最も多い岩石は
 0-7 海と陸の構造
 0-8 地球の元素の分布
 0-9 地形を見る3通りの方法
 0-10 潜水調査船科学―深海底の博物学

第1章 大洋中央海嶺―拡大系
 1-1 板出ずる国―裂けて広がる大地,アイスランド
 1-2 大西洋中央海嶺
  1-2-1 研究のあゆみ
  1-2-2 地形の特徴
 1-3 東太平洋海膨―太平洋プレートの生まれるところ
 1-4 インド洋の海嶺
  1-4-1 インド洋の誕生
  1-4-2 海嶺と海嶺三重点
 1-5 海嶺の地球科学的な特徴
  1-5-1 海嶺の地形
  1-5-2 海嶺の岩石
  1-5-3 海嶺の地球物理
 1-6 海嶺の熱水系
  1-6-1 中央海嶺の熱水の発見
  1-6-2 海嶺の熱水
  1-6-3 拡大系(海嶺)の鉱山
  1-6-4 キースラガー鉱床の現代版はどこか
 1-7 太平洋はいったいいつからあるのだろう

第2章 トランスフォーム断層―ずれる境界
 2-1 断裂帯とトランスフォーム断層
 2-2 大西洋のケーン断裂帯
 2-3 15度20分断裂帯
 2-4 インド洋のアトランティスII断裂帯
 2-5 北太平洋の断裂帯
 2-6 東太平洋海膨の断裂帯
 2-7 トランスフォーム断層の岩石
 2-8 メガムリオン
 2-9 デスバレーの高圧変成岩

第3章 オフィオライト―海洋プレートの化石
 3-1 海洋地殻の化石,オフィオライト
 3-2 オフィオライトとは
 3-3 世界のオフィオライト
  3-3-1 キプロスのオフィオライト岩体
  3-3-2 ギリシャのオフィオライト岩体
  3-3-3 パプアニューギニアのオフィオライト岩体
  3-3-4 ニューカレドニアのオフィオライト岩体
  3-3-5 ベイオブアイランドのオフィオライト岩体
  3-3-6 オマーンのオフィオライト岩体
  3-3-7 日本のオフィオライト岩体
 3-4 オブダクション
 3-5 オフィオライトの金属鉱床
 3-6 二つのオフィオライトのタイプ
 3-7 オフィオライト研究のその後
 3-8 オフィオライトの地球科学的な重要性

第4章 海溝―収束系
 4-1 東日本島弧-海溝系―古いプレートの沈み込むところ
  4-1-1 日本列島周辺海底の年代の異なるプレート
  4-1-2 日本海溝
  4-1-3 伊豆-小笠原島弧-海溝系
  4-1-4 マリアナ島弧-海溝系
 4-2 西日本島弧-海溝系―若いプレートが沈み込むところ
  4-2-1 フィリピン海プレートの生まれたところ
  4-2-2 フィリピン海プレートの沈み込むところ
  4-2-3 フィリピン海プレートの沈み込みによって起こる関東大地震
  4-2-4 遺跡調査から明らかとなった南海地震の再来周期
  4-2-5 付加体研究のメッカ―南海トラフ
  4-2-6 琉球列島の二つのギャップ
 4-3 比較沈み込み学

第5章 背弧海盆―海の後ろに海がある
 5-1 島弧の後ろの海―背弧海盆,縁辺海とは?
 5-2 背弧海盆の成因―三つのモデル
 5-3 三つの海盆からなる日本海
  5-3-1 第四紀に隆起した奥尻島
  5-3-2 新しいプレートの沈み込みと奥尻海嶺
  5-3-3 日本海が沈み込む
  5-3-4 テクトニックインバージョン
  5-3-5 北海道南西沖地震
  5-3-6 日本海の基盤はどこか―掘削調査より
  5-3-7 日本海は西から深くなっていった
  5-3-8 日本海の形成のシナリオ
 5-4 フィリピン海
  5-4-1 フィリピン海の形成
  5-4-2 ゴジラムリオン
 5-5 背弧海盆は資源の宝庫―沖縄トラフの熱水鉱床
 5-6 マリアナトラフ―多数の熱水系を持つ背弧海盆
 5-7 北フィジー海盆―海の真中の背弧海盆
 5-8 二つの異なった熱水系を持つマヌス海盆
 5-9 熱水活動の化石,黒鉱鉱床
 5-10 再度背弧海盆の成因

第6章 海山と海台
 6-1 ハワイの島々―ホットスポット
 6-2 海山の構造
 6-3 サンゴ礁
 6-4 海山が海溝に来ると
 6-5 石灰岩の岩体と鍾乳洞
 6-6 海山の沈み込みと付加
 6-7 海山の一生
 6-8 洪水玄武岩と巨大火成岩岩石区
 6-9 海洋無酸素事件
  6-9-1 ペルム紀の終わりの海洋無酸素事件
  6-9-2 白亜紀の大事件―「逆転しない磁場」
 6-10 地震波トモグラフィー

第7章 深海底に生息する生物―太陽の光がなくても生息できる奇妙な生物群集
 7-1 CoML
 7-2 海洋の生物
  7-2-1 海洋の表層の生物
  7-2-2 中層の生物
  7-2-3 深海の生物
  7-2-4 化学合成生物群集
  7-2-5 熱水生物群集
 7-3 日本列島周辺の熱水生物群集
 7-4 冷水湧出帯生物群集
  7-4-1 初島と沖ノ山の化学合成生物群集
  7-4-2 日仏海溝計画
  7-4-3 世界で最深のシロウリガイの群集を発見
  7-4-4 日仏海溝計画と天竜生物群集
  7-4-5 冷水湧出帯生物群集の生息の条件
 7-5 鯨骨生物群集
 7-6 生物の深海底の伝搬
 7-7 何処が最初か

第8章 海洋研究と地球科学
 8-1 現在の地球科学ができるまで
 8-2 海洋の研究史
  8-2-1 前近代の海洋研究
  8-2-2 ビーグル号の航海
  8-2-3 チャレンジャー号の航海
 8-3 地球科学の考え方の変遷
  8-3-1 地向斜造山運動―動かざること大地の如し
  8-3-2 大陸を動かした男,地球科学のガリレオ―アルフレッド・ウェーゲナー,それでも大陸は動く
  8-3-3 マントル対流を考えたアーサー・ホームズ
  8-3-4 移動する磁極
  8-3-5 インドは南極から離れて北へ走ってユーラシア大陸にぶつかった
  8-3-6 大陸移動説の劇的な復活
 8-4 海底の大山脈,中央海嶺の発見
 8-5 深海の研究から生まれた地球詩
 8-6 地磁気の縞状異常とテープレコーダー
 8-7 プレートテクトニクスの提唱
 8-8 新しいパラダイム,プルームテクトニクス
 8-9 異文化コミュニケーション

終章 プレートに乗って地球を一周

あとがき
参考図書

  関連本

海洋と海岸

自然地理学事典

地形の辞典

はじめて学ぶ海洋学