朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.06.22

会社案内

技術者倫理を考える ─持続可能な社会をめざして─

技術者倫理を考える

A5/192ページ/2014年09月15日
ISBN978-4-254-20158-1 C3050
定価2,862円(本体2,650円+税)

石塚正英 編著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

現代の高度に発達した技術や製品を保証する基準や条件の一つに、近年重要性を増している倫理性がある。技術者倫理 を「エネルギー」「環境と安全」「心身と感性」「社会と法」の4分野に分け、現場の事例をもとにわかりやすく解説した。

目次

1.破局的リスクの統治 ―フクシマ原子力発電所事故を事例として―
2.ローカル・エネルギー論 ―先端技術のリスク軽減―
3.エネルギーをめぐる諸問題 ―一極集中管理システムのリスク―
4.絶対安全/機能安全とリスク評価 ―ユッケ事件を例として―
5.設計の機能性と安全性の相克 ―回転ドアを素材に―
6.自家用車はどこまで許されるか ―SUVから考える―
7.知的財産権と環境問題・南北問題 ―生物遺伝資源や伝統的知識を使った創薬―
8.医療事故における真相究明と個人の責任追及
9.環境因子としての人工音が心身に及ぼす感性的効果
10.動物の利用とその限界
11.臓器移植をめぐる諸問題
12.身体迂回のブレイン・マシン・インターフェイス技術
13.テレビ・アニメーションにおける画像・映像表現
14.著作権問題と技術者倫理 ―JASRACを例として―
15.技術が社会とルールを変える
16.技術が犯罪に変わるとき ―ケアにおける職務とは―
17.持続可能な交通手段としての自転車