朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2019.04.23

会社案内

シリーズ: 電波工学基礎シリーズ 3

波動伝送工学

波動伝送工学

A5/152ページ/2019年02月25日
ISBN978-4-254-22216-6 C3355
定価2,592円(本体2,400円+税)

新井宏之 監修/榊原久二男 ・太郎丸眞 ・藤森和博 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

マイクロ波についての基本事項を確認し,伝送線路,回路,フィルタまでを解説する。〔内容〕マイクロ波工学とその基本事項/伝播電磁波の分類/平面波伝送線路/導波管伝送線路/回路素子/共振回路の性質/マイクロ波フィルタ/他

編集部から

本シリーズについて(シリーズ「まえがき」より)
すべてのものがワイヤレスにつながる時代が間近に迫る中,その基盤となるのは電磁波である。本シリーズでは電磁波の基本となる電磁気学から,空間に電磁波を発生させるアンテナ,伝送路を伝搬する電磁波とその応用素子,そして,実際に伝わる電磁波の特性を,電磁波工学,伝送工学,電波伝搬として一貫して学べることを目的としている。

目次

1 波動伝送工学とその基礎事項
 1.1 波動伝送工学(序論)
 1.2 分布定数線路
 1.3 伝送線路内部の定在波分布
 1.4 整合回路の設計
2 マイクロ波伝送線路
 2.1 伝搬電磁波の分類
 2.2 平面波伝送線路
 2.3 導波管伝送線路
 2.4 表面波線路
3 回路素子
 3.1 終端素子(1開口素子)
 3.2 2端子素子(2開口素子)
 3.3 2分岐・切り替えスイッチ(3開口素子)
 3.4 4開口素子
 3.5 モード変換素子
4 共振器
 4.1 共振回路の性質
 4.2 共振回路のQ値
 4.3 分布定数線路共振器
 4.4 空洞共振器
 4.5 マイクロ波フィルタ
 4.6 周期構造伝送線路
5 マイクロ波回路の実際
 5.1 マイクロ波集積回路
 5.2 大電力回路
 5.3 非可逆素子

付録1 数学公式
付録2 演習問題略解
 
 

  ダウンロード データはお客様自身の責任においてご利用ください。詳しくはダウンロードページをご参照ください。

「波動伝送工学」の正誤表(28.4KB・)

第1刷の正誤表です(2019年4月1日現在)