朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.08.01

会社案内

磁気工学ハンドブック

磁気工学ハンドブック

B5/1272ページ/1998年11月10日
ISBN978-4-254-21029-3 C3050
定価54,000円(本体50,000円+税)

川西健次 ・近角聡信 ・櫻井良文 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

最近の磁気工学の進歩は,多方面に渡る産業界にダイナミックな変革を及ぼしている。エネルギー等大規模なものから記憶・生体等身近なものまでその適用範囲が広大な中で,初めて本書では体系化を行った。基礎となる理論も含め,それぞれの領域で第一人者として活躍する研究者・技術者が詳述するもの。〔内容〕磁気物性/磁気の測定法・観察法/磁性材料/線形磁気応用/非線形磁気応用/永久磁石応用/光・マイクロ波磁気/磁気記憶,記録/磁気センサー/新しい磁気の応用

執筆者一覧

【編集者】川西健次,櫻井良文,近角聰信
【執筆者】阿部有道,阿部英太郎,粟井郁雄,粟野博之,穴山 武,荒井賢一,赤池正巳,伊藤彰義,岩佐誠一,岩坂正和,岩原正吉,岩間義郎,石野 健,石山和志,石尾秀樹,猪股則夫,板倉栄治,上坂保太郎,上野照剛,植田佳典,内山 晉,海老原大樹,逢坂哲彌,奥田 繁,岡村康行,大島英男,大谷義近,大友 功,大野 豊,川西健次,門脇静穂,喜多英治,菊地新喜,久須美雅昭,黒沢 格,楠田哲三,河野 長,権藤靖夫,後藤道太,小池和幸,小助川充生,小谷 誠,小林 寛,小林 学,小室又洋,佐川眞人,佐藤一比古,佐藤勝昭,佐藤由郎,斎藤兆古,斎藤英雄,坂井 廣,坂田昌也,坂本隆秀,坂本 浩,笹渕 仁,櫻井良文,新庄輝也,清水康敬,島田 寛,白江公輔,白鳥紀一,白川 究,角野圭一,酢谷琢磨,杉田 愃,末澤慶孝,鈴木義規,鈴木 良,外村 彰,玉置栄一,高橋 健,高橋則雄,高橋 實,楯野正雄,棚橋隆彦,田上勝通,田島圭介,田原修一,武田 茂,近角聰信,辻本浩章,坪井正男,堤 誠,土門 齊,成田 博,中島真人,中村慶久,直江正彦,内藤喜之,沼澤潤二,沼田卓久,野沢忠生,野本俊裕,橋本巍洲,原田耕介,早川正俊,林 信夫,日口 章,日比谷孟俊,氷室 陽,平塚信之,檜高靖治,藤井壽崇,藤森啓安,藤原俊輔,福田方勝,別所一夫,細川悦利,星川 洋,保坂純男,松木英敏,松崎幹男,松下 昭,松原三人,松村文夫,松本隆男,松本初男,松山公秀,前田武志,増田 宏,牧野弘史,宮崎保光,宮崎照宣,宮澤永次郎,宮島英紀,宮原一紀,宮本芳子,溝口 正,三浦義正,三上雅生,三野正人,水野正志,村岡裕明,村上孝一,武笠幸一,森田 公,毛利佳年雄,安岡弘志,山口正洋,山崎二郎,山沢清人,山田外史,山田 一,山本孝明,吉田和悦,吉元 武,米澤成二,芳賀 昭,萬 雅彦,渡邉昭治,脇山徳雄

目次

     第1編 磁気物性
 1.0 総説
 1.1 磁気特性と単位
 1.2 磁性の種類
 1.3 磁区構造
 1.4 磁化機構
 1.5 磁化の付随属現象
     第2編 磁気の測定法・観察法
 2.0 総説
 2.1 磁化の測定法
 2.2 磁界の測定法
 2.3 磁気異方法測定法
 2.4 磁気ひずみ測定法
 2.5 電気磁気効果測定法
 2.6 磁気光学効果測定法
 2.7 磁気熱量特性測定法およびその応用
 2.8 微視的磁性測定法
 2.9 計算機シュミレーション
 2.10 磁区観察法
 2.11 磁化分布観察法
 2.12 磁気標準
     第3編 磁性材料
 3.0 総説
 3.1 結晶とアモルファス
 3.2 金属合金磁性材料
 3.3 アモルファス・ソフト磁性材料
 3.4 酸化物磁性材料
 3.5 希土類を含む金属間化合物磁性材料
 3.6 薄膜磁性材料
     第4編 線形磁気応用
 4.0 総説
 4.1 磁気回路(線形,非線形)
 4.2 変圧器
 4.3 電磁リレー(サーキットブレーカーを含む)
 4.4 電気− 機械変換装置への応用
 4.5 電磁ポンプ
 4.6 マイクロ磁気デバイス
 4.7 磁気遮へい
 4.8 磁歪(磁気ひずみ)の応用
 4.9 渦電流応用機器
     第5編 非線形磁気応用
 5.0 総説
 5.1 磁束制御特性
 5.2 磁気増幅器
 5.3 磁気変調器
 5.4 鉄共振および周波数変換器
 5.5 定電圧電源
 5.6 磁気と半導体の組合せ回路
 5.7 パラメータ励振とその応用
 5.8 演算器
     第6編 永久磁石応用
 6.0 総説
 6.1 永久磁石を含む磁気回路
 6.2 永久磁石の安定性
 6.3 磁束設計
 6.4 永久磁石を使った各種の応用
 6.5 その他
     第7編 光,マイクロ波磁気
 7.0 総説
 7.1 相反マイクロ波回路
 7.2 非相反マイクロ波回路
 7.3 静磁波・磁気弾性波とその応用
 7.4 バルク型光回路
 7.5 導波型光回路
 7.6 光通信システムと光非相反回路
 7.7 その他の磁気光学応用
 7.8 電波吸収体
     第8編 磁気記憶・記録
 8.0 総説
 8.1 磁気記憶・記録の原理
 8.2 各種磁気記憶・記録素子のメモリにおける位置
 8.3 磁気記憶・記録用材料
 8.4 磁気記録
 8.5 磁気記録メディア
 8.6 磁気ヘッド
 8.7 磁気バブルメモリ
 8.8 光磁気記録
 8.9 超伝導メモリ
 8.10 光磁気ホログラフィー
     第9編 磁気センサ
 9.0 総説
 9.1 温度計測
 9.2 トルクセンサ
 9.3 マグネスケールと回転数
 9.4 NMRによる化学量の検出
 9.5 高電圧系での電流の計測
 9.6 電気磁気による非破壊検査
     第10編 新しい磁気の応用
 10.0 総説
 10.1 生物,生体への磁気の応用
 10.2 医用磁気
 10.3 磁性流体
 10.4 機構部品への応用(磁気軸受)
 10.5 地球磁気現象
 10.6 化学反応と磁気
 10.7 磁気熱量特性の冷凍冷却への応用
11. 付  表
 11.1 SI単位とCGS単位の換算表
 11.2 元素周期表
12. 索  引