朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2020.09.24

会社案内

内科学エッセンス3 (普及版) ―呼吸器系,感染症,膠原病・リウマチ,他―

内科学エッセンス3

B5/276ページ/2006年06月30日
ISBN978-4-254-36253-4 C3347
定価4,180円(本体3,800円+税)

鈴木一 ・橋本博史 編

カートに入れる

※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。


【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

〔内容〕[呼吸器系]構造と機能/症候と病態生理/治療/検査/感染・閉塞性疾患/腫瘍/他[感染症]ウイルス/細菌/寄生虫/他[膠原病・リウマチ・アレルギー性疾患]免疫異常/リウマチ/炎症/アレルギーの症候・診断・治療/他。初版1999年9月1日刊。

執筆者一覧

【編集者】鈴木 一,橋本博史
【執筆者】秋澤孝則,稲富恵子,猪狩 淳,飯田 昇,礒沼 弘,牛山千冬,植島葉子,遠藤 繁,大塚英彦,河西富彦,金子教宏,金重博司,菊池敏樹,倉石 博,近藤啓文,後藤 真,小林茂人,澤田滋正,鈴木 一,高崎芳成,田中一正,武井正美,津田裕士,戸叶嘉明,成島道昭,中神和清,中西 久,平野隆雄,松本孝夫,村島温子,森 健,山田峰彦,吉田雅治,渡辺 彰,渡辺一功

目次

1. 呼吸器総論
 1.1 呼吸器の構造と機能
   上・下気道の構造と機能/肺の構造と機能/呼吸の制御/非呼吸性機能
 1.2 主要症状と病態生理
 1.3 呼吸器系疾患の治療
 1.4 呼吸器総論−問題
2. 呼吸器系検査
 2.1 胸部X線検査
   単純撮影/断層撮影/CT検査/血管造影
 2.2 RI・MRI
   RI検査/MRI検査
 2.3 内視鏡検査
   気管支鏡検査/経気管支肺生検/気管支肺胞洗浄
 2.4 呼吸機能検査・血液ガス分析
   呼吸機能検査/血液ガス分析/右心カテーテル検査/喀痰検査/肺腔穿刺
 2.5 呼吸器系検査−問題
3. 呼吸器各論
 3.1 肺・気管支の形成異常
   肺分画症/Swyer−James症候群
 3.2 感染性疾患
   かぜ症候群/急性気管支炎/急性細気管支炎/肺炎/肺化膿症/
   肺結核/非定型抗酸菌症/肺真菌症/寄生虫性肺疾患
 3.3 閉塞性肺疾患
   慢性閉塞性肺疾患/びまん性汎細気管支炎/気管支喘息
 3.4 拘束性肺疾患
   特発性間質性肺炎/過敏性肺臓炎/じん肺/薬剤・放射線による肺障害
 3.5 拡張性気管支疾患・嚢胞
   気管支拡張症/気管支嚢胞/気腫性肺嚢胞(ブラ・ブレブ)/巨大肺嚢胞症
 3.6 肺循環障害
   肺塞栓症,肺梗塞/肺高血圧症/肺動静脈瘻/肺うっ血,肺水腫/ARDS
 3.7 呼吸中枢の異常
   低換気症候群/睡眠時無呼吸症候群/過換気症候群
 3.8 アレルギー・免疫の関与する疾患
   好酸球性肺疾患(PIE症候群)/Wegener肉芽腫症/Goodpasture症候群/
   肺好酸球性肉芽腫症/サルコイドーシス/膠原病に伴う肺疾患/過敏性肺臓炎
 3.9 肺腫瘍
   原発性肺癌/肺良性腫瘍/転移性肺腫瘍
 3.10 胸膜の疾患
   胸膜腫瘍/胸膜炎/膿胸/気胸/その他の胸膜疾患
 3.11 縦隔の疾患
   縦隔の解剖/縦隔気腫・皮下気腫/縦隔腫瘍
 3.12 代謝異常による肺疾患
   肺胞微石症/肺胞タンパク症
 3.13 横隔膜・肺郭の異常
   横隔膜異常/肺郭の異常
 3.14 呼吸器各論−問題
4. 感染症総論
 4.1 感染症の概念と分類
 4.2 感染症の変貌
 4.3 宿主と寄生体の関係
 4.4 感染症と病原体
 4.5 疫学と感染経路
   伝染性感染病/感染源/感染経路
 4.6 感染症の主要症候
   発熱/皮膚および粘膜の変化/肺・脾腫大
 4.7 感染症の診断法
 4.8 感染症の治療法
   抗菌薬の選択/抗菌薬の種類
 4.9 感染症の予防と対策
 4.10 感染症総論−問題
5. 感染症各論
 5.1 ウイルス感染症
   普通感冒/インフルエンザ/アデノウイルス感染症/RSウイルス感染症/
   コクサッキーウイルス感染症/ヘルパンギーナ/
   その他の呼吸器ウイルス感染症/流行性胸痛症/麻疹(はしか)/風疹/
   ポリオおよびポリオ様疾患/水痘/帯状疱疹/単純ヘルペス感染症/
   ウイルス性肝炎/Reye症候群/痘瘡(天然痘)/泉熱/日本脳炎およびその他の
   ウイルス性脳炎/ウイルス性髄膜炎/耳下腺炎(おたふくかぜ)/
   伝染性紅斑(りんご病)/伝染性単核球症/サイトメガロウイルス感染症/
   手足口病/突発性発疹/急性出血性結膜炎/ロタウイルスおよびその他の
   ウイルス性下痢症/狂犬病/デング熱/腎症候性出血熱(韓国型出血熱)/
   黄熱/その他のウイルス性出血熱/後天性免疫不全症候群/
   成人T細胞白血病
 5.2 クラミジア感染症
   オウム病/トラコーマクラミジア感染症/クラミジア肺炎/
 5.3 リケッチア感染症
   発疹チフス群/紅斑熱群/つつが虫病/腺熱リケッチア症/Q熱
 5.4 細菌感染症
   肺炎球菌感染症/連鎖球菌感染症/ブドウ球菌感染症/髄膜炎菌感染症/
   淋菌感染症/リステリア感染症/在郷軍人病(レジオネラ症)/
   腸チフス・パラチフス/その他のサルモネラ感染症/コレラ/大腸菌感染症/
   緑膿菌および類似菌感染症/エルシニア感染症/カンピロバクター感染症/
   セラチア感染症/肺炎桿菌およびその他のクレブシエラ感染症/
   プロテウス感染症/百日咳/インフルエンザ(桿菌)およびその他の
   ヘモフィルス感染症/軟性下疳/ブルセラ症(波状熱)/ねこひっかき病/
   ペスト/野兎病/鼻疽/類鼻疽/炭疽/ジフテリア/無芽胞嫌気性菌感染症/
   Clostridium Difficileによる偽膜性腸炎/破傷風/ガス壊疽/細菌性食中毒/
   マイコプアズマ感染症/敗血症/敗血症性ショック/細菌性心内膜炎/
   らい(Hansen病)
 5.5 結核症
 5.6 非定型抗酸菌症
 5.7 スピロヘータ感染症
   梅毒/同帰熱/ライム病/レプトスピラ症/鼠咬症
 5.8 真菌症
   クリプトコッカス症/カンジタ症/アスペルギルス症/ムコール症/
   ノカルジア症/ニューモシスチス・カリニ感染症
 5.9 原虫性疾患
   アメーバ赤痢/マラリア/トキソプラズマ症/クリプトスポリジウム症
 5.10 寄生虫性疾患
   線虫症/吸虫症/条虫症
 5.11 感染症各論−問題
6. 膠原病・リウマチ総論
 6.1 概念と分類
 6.2 免疫反応と因子
 6.3 自己抗原に対する免疫学的寛容
 6.4 免疫寛容の破錠と自己免疫疾患発症の機序
 6.5 組織障害機序(CoombsとGellの分類)
 6.6 膠原病・リウマチ性疾患の主要症候
 6.7 検査異常
 6.8 診断
 6.9 治療法
 6.10 膠原病・リウマチ総論−問
7. 膠原病・リウマチ各論
 7.1 慢性関節リウマチ
 7.2 全身性エリテマトーデス
 7.3 全身性硬化症(強皮症)
 7.4 多発性筋炎・皮膚筋炎
 7.5 Sjogeren症候群
 7.6 混合性結合組織病
 7.7 血管炎症候群
   結節性多発動脈炎/Wogener肉芽腫炎/アレルギー性肉芽腫性血管炎、
   Churg-Strauss症候群/過敏性血管炎/側頭動脈炎、リウマチ性多発筋痛症/
   高安動脈炎・大動脈炎症候群
 7.8 リウマチ熱
 7.9 Behcet病
 7.10 血清反応陰性脊椎関節炎
   強直性脊椎炎/幹癬性関節炎/Reiter症候群/反応性関節炎/腸疾患関節炎
 7.11 痛風
 7.12 Weber-Christian病
 7.13 先天性結合組織疾患
   コラーゲン代謝異常による疾患/エラスチン代謝異常による疾患/
   ムコ多糖代謝異常による疾患/Werner症候群
 7.14免疫不全症
   原発性免疫不全症/原発性食細胞機能異常症
 7.15膠原病・リウマチ各論−問題
8. アレルギー性疾患総論
 8.1 発症の機序と主要症状
 8.2 検査・診断
 8.3 治療法
 8.4 アレルギー性疾患総論−問題
9. アレルギー性疾患各論
 9.1 気管支喘息
 9.2 花粉症
 9.3 アナフィラキシー
 9.4 血清病
 9.5 薬物アレルギー
 9.6 アレルギー性疾患各論−問題
10. 索 引