朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.08.01

会社案内

視覚情報処理ハンドブック (新装版)

視覚情報処理ハンドブック

B5/676ページ/2017年04月25日
ISBN978-4-254-10289-5 C3040
定価20,520円(本体19,000円+税)

日本視覚学会 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

視覚の分野にかかわる幅広い領域にわたり,信頼できる基礎的・標準的データに基づいて解説。専門領域以外の学生・研究者にも読めるように,わかりやすい構成で記述。〔内容〕結像機能と瞳孔・調節/視覚生理の基礎/光覚・色覚/測光システム/表色システム/視覚の時空間特性/形の知覚/立体(奥行き)視/運動の知覚/眼球運動/視空間座標の構成/視覚的注意/視覚と他感覚との統合/発達・加齢・障害/視覚機能測定法/視覚機能のモデリング/視覚機能と数理理論

編集部から

2000年刊行の好評書の待望の再刊です!

○付録データについて
初版時に付属していたCD-ROMのデータが右欄「関連情報」よりダウンロードできます。圧縮ファイルになっているものをローカルにダウンロード,保存のうえご利用ください。データは初版刊行時(2000年)のものですので,ファイル形式などによっては2017年現在の一般的な環境では実行できないファイルがございます。小社では動作確認をしておりませんので,実行に際してのお問合せには応じられません。なお本データの使用により万一障害が発生したとしても,小社,著者は一切責任を負いません。
以上の点をあらかじめご了承のうえご使用ください。また本内容は著作権の保護を受けています。無断で複製・改変および第三者への譲渡等の行為は法律で禁じられています。


*お知らせ*
本書のISBNコードを、
978-4-254-10278-9
とお知らせしておりましたが,正式には以下になります。
978-4-254-10289-5

執筆者一覧

【編集者】内川惠二,赤松幹之,酒井 宏,鵜飼一彦,佐藤隆夫,近江政雄,塩入 諭,小田浩一,中溝幸夫,熊田孝恒,西田眞也,古賀一男,矢口博久,小松英彦,山下由己男
【執筆者】赤松幹之,蘆田 宏,伊福部 達,魚里 博,鵜飼一彦,氏家弘裕,内川惠二,梅野 健,江島義道,近江政雄,大竹史郎,岡嶋克典,尾田政臣,小田浩一,柿沢敏文,片山正純,川嶋英嗣,河野憲二,川端康弘,喜多伸一,北原健二,行場次朗,熊田孝恒,栗木一郎,洪 博哲,古賀一男,小松英彦,近藤公久,近藤倫明,齋木 潤,斎田真也,酒井 宏,佐川 賢,佐藤宏道,佐藤雅之,塩入 諭,篠森敬三,下野孝一,白柳守康,高木峰夫,竹市博臣,竹内龍人,田中恵津子,飛松省三,中野泰志,中野靖久,中溝幸夫,新井田孝裕,西田眞也,仁科幸子,野村正英,彦板和雄,藤田尚文,藤田昌彦,本田仁視,前田太郎,三上章允,森田ひろみ,矢口博久,矢野澄男,山上精次,山口佳子,山口真美,山下由己男,山田徹人,山田 寛,山出新一,横澤一彦,吉澤 誠

目次

1. 結像機能と瞳孔・調節
 1.1 眼球光学系の構造
  涙液・角膜・前房・水晶体・硝子体/虹彩・瞳孔/網膜/散乱・回折
 1.2 光学特性
  模型眼/眼の主要点と軸/眼の収差/絞りとしての虹彩/プルキンエ‐サンソン像
 1.3 内視現象
 1.4 像特性
  いろいろな関数の関係/眼球光学系のMTF/波面収差,瞳関数/スタイルズ‐クロフォードapodization/像特性の計算可能な模型眼/散乱光・グレアによる像劣化
 1.5 結像面の特性
  網膜反射特性/網膜の像伝達特性/錐体配向とスタイルズ‐クロフォード効果/錐体モザイク/黄斑色素
 1.6 瞳 孔
  虹彩とその神経支配/瞳孔の機能的役割/近見反応/対光反応/ヒッパス/聴覚・痛覚・感情・覚醒・疲労と瞳孔
 1.7 調 節
  調節機構/調節機能/老視/屈折異常
 1.8 瞬 目
  解剖/瞬目の種類および瞬目時の上眼瞼の動き/脳幹における瞬目神経回路/上丘,大脳基底核の瞬目における役割/眼球運動との関連/瞬目時の視覚抑制/瞬目と視覚的注意
2. 視覚系生理の基礎
 2.1 網膜から一次視覚野
  網膜/外側膝状体/一次視覚野/視野の統合とダナミクス
 2.2 Vl以外の視覚領野の構成と機能分化
  視覚領野の構成/視覚領野の機能分化
 2.3 V1以降:背側経路
  背側経路の構成と線維連絡/視運動情報の処理/空間情報の処理
 2.4 V1以降:腹側経路
  腹側経路の構成と線維連絡/形と色の情熱処理/腹側経路と発達
 2.5 眼球運動に関係する処理
  視運動性応答/円滑追跡眼球運動/輻輳開散運動/サッカード運動
3. 色 覚
 3.1 光 覚
  絶対閾値/増分閾値/暗順応と明順応/可視光以外の刺激による光覚
 3.2 錐体レベル
  等色と錐体分光感度/色弁別/2色閾値法
 3.3 反対色レベル
  反対色レスポンス/カラーネーミング/色の見え
 3.4 高次レベル
  カテゴリカル色知覚/色の見えのモード/色の恒常性/色の記憶と認識
 3.5 色覚異常
  色覚異常の分類/病因および視覚特性
4. 測光と表色システム
 4.1 分光視感効率と測光システム
  分光視感効率/CIEの標準測光システム/輝度と明るさ/補助測光システム(明るさに基づく明所視・薄明視・暗所視の測光システム)
 4.2 表色システム
  等色/CIE表色系/均等色空間と色差/色の見えモデル/生理学的色空間
 4.3 カラーオーダーシステム
  カラーオーダーシステムの概要/マンセル表色系/0SA表色系/NCS表色系
 4.4 各種色表示メディアによる色の表現
  銀塩写真/印刷/テレビジョン/各種ハードコピー/カラーマネージメントシステム
5. 視覚の時空間特性
 5.1 空間特性
  視力/空間的足し合わせ/コントラスト感度関数/空間周波数チャンネル/位相検出/方位検出
 5.2 時間特性
  ちらつき感度(CFF)/時間的足し合わせ(時間加重)/コントラスト感度特性/時空間周波数チャンネル
 5.3 視覚マスキングと視覚記憶
  視覚マスキング/視覚感覚記憶
 5.4 色覚の時空間周波数特性
  コントラスト感度関数/ほかの手法を用いた色覚の時空間特性の研究/色と輝度のかかわり
 5.5 視 野
  視機能の視野依存性と視野/錐体,桿体の分布/網膜,外側膝状体の細胞/皮質拡大係数/光覚の視野依存性/周辺視の時空間特性/色覚の視野依存性/周辺視での形状認識
6. 形の知覚
 6.1 エッジと面の成立
  エッジと輪郭/面の知覚/2 1/2次元スケッチ
 6.2 視覚的補完
  主観的輪郭/アモーダルな補完/ジュネリックイメージ
 6.3 知覚的体制化
  図と地の分化/知覚的群化/多義図形
 6.4 顔の知覚
  顔知覚の特殊性/人物知覚とそのモデル/性別/表情の知覚
 6.5 部分・全体と文脈効果
  全体と部分/物体優位効果
 6.6 形状認知の処理過程
  人間の形状認知の特徴/テンプレート,特徴,構造記述/形状を記述する参照枠/ボトムアップとトップダウン
 6.7 3次元物体認知の視覚表現
  Marrの3-Dモデル表現/視点非依存表現/視点依存表現/視点非依存表現と依存表現の両立の可能性
7. 奥行き(立体)視
 7.1 奥行き手がかりの分類
  ベクトル手がかり,スカラー手がかり,オーダー手がかり
 7.2 両眼網膜像差に基づく立体視
  基本概念/研究法/確度と精度/刺激特性と立体視能力/観察距離および運動系との相互作用/網膜像差立体視の時空間特性とサブシステム/ステレオアノマリー/近接要素融合規則に基づく奥行き錯視
 7.3 単眼性・画像的手がかり
  重なり(遮蔽)/きめ(テクスチャ)勾配/陰影/輪郭線形状/明るさと色/相対的大きき/視野内の高さ/その他
 7.4 両眼遮蔽
 7.5 運動視差に基づく立体視
  観察者運動視差と対象運動視差/研究法:刺激提示法と測度/確度と精度および逆2乗法則/両眼網膜像差との相互作用/運動性奥行き効果
 7.6 動的遮蔽と出現
  研究法:刺激提示法と測度/運動視差との相互作用
 7.7 奥行き手がかりの統合
  建設的相互作用/優位手がかり/独立処理
8. 運動の知覚
 8.1 運動の検出
  運動の分類/運動検出の機構/正弦波運動/古典的仮現運動/ランタムドットキネマトグラム/最小運動閾/反応時間/色運動/2次運動/各種提示条件の効果
 8.2 運動の分析・統合
  速度・運動方向の知覚/相対運動/運動の対比と同化/順応現象/グローバル運動/窓問題/拡大・縮小・回転運動/対応問題/パターン視への運動の影響/注意と運動視
 8.3 運動の解釈
  奥行き方向の運動の知覚/衝突するまでの時間の知覚/運動性奥行き効果/イベントの知覚
9. 眼球運動
 9.1 眼球運動測定法
  眼球運動計測の原理/眼球運動計測の原理/代表的な機器の水平・垂直眼球運動検出精度の比較
 9.2 眼球運動の生理機構
  外眼筋/眼球運動神経/脳幹のプレモーター回路/小脳/各眼球運動の神経機構
 9.3 眼球運動の種類
  視線の保持/視線移動
 9.4 近見反応
  近見反応三要素/輻輳・開散眼球運動/輻輳・開散眼球運動と調節
 9.5 眼球運動の基本法則
  眼球運動の基準系/ドンデルス法則/リスティング法則/へリング法則
 9.6 高次機能と眼球運動
  サッカード抑制/随意性眼球運動における学習・記憶
10. 視空間座標の構成
 10.1 基本概念
 10.2 自己運動感覚
  自己運動感覚のメカニズム/ベクション/視覚誘導性姿勢変動/動揺病
 10.3 視野安定
  跳躍眼球運動時の視野安定/頭部運動時の視野安定
 10.4 視方向
  視方向の測度/視方向知覚の確度/視方向の法則/視方向の原点/視方向錯視/視方向と両眼単一視
 10.5 視距離
  視距離の測定法/距離知覚の確度/距離手がかりの分類/眼球運動性の手がかり/熟知している大ききの手がかり/垂直網膜像差勾配/絶対運動視差
11. 視覚的注意
 11.1 視覚的注意の選択特性
  空間に基づく選択/対象に基づく選択/注意の抑制
 11.2 特徴統合における注意の役割
  視覚的探索と特徴統合理論/結合錯誤現象/時間的結合錯誤現象
 11.3 モデルから見た注意
  注意のメタファー/視覚情報選択過程の注意モデル/視覚探索過程の注意モデル
 11.4 視覚的注意の脳内機序
  視覚的注意にかかわる皮質下活動/視覚的注意にかかわる皮質活動/視覚的注意にかかわる脳内ネットワーク
12. 視覚と他感覚との統合
 12.1 視覚と聴覚の統合
  位置知覚における視覚と聴覚の統合/言語知覚における視覚と聴覚の統合
 12.2 視覚と体性感覚の統合
  形状知覚における視覚と触覚の統合/空間知覚における視覚と触覚の統合
 12.3 視覚と運動の統合
  視覚と手腕運動の統合/姿勢制御における視覚と平衡感覚の統合
 12.4 視覚と他の感覚の統合の生理学的機序
  上丘における多感覚の統合機能/大脳皮質における多感覚の統合/独立した多感覚の統合システム
13. 発達・加齢・障書
 13.1 発 達
  結像機能の発達/色覚/時間空間特性/立体視/クリティカルピリオドと弱視/眼球運動の発達/視覚機能測定法
 13.2 加 齢
  結像機能の加齢/視覚系生理/色覚/加齢の時空間特性/眼球運動
 13.3 視覚障害
  総論/眼球運動/視覚機能測定法/読書の精神物理/歩行行動の精神物理/補助具/視覚科学とリハビリテーション
14. 視覚機能測定法
 14.1 心理物理的測定法
  測定の対象:定数と感覚尺度/刺激連続体と知覚連続体/定数測定の方法/感覚尺度構成の方法
 14.2 視覚データ解析法
  解析の対象/定数データ解析法/尺度化データ解析法
 14.3 臨床視覚機能測定法
  視力測定法/視野測定法/色覚検査法/電気生理学的測定法
 14.4 脳機能イメージングによる視覚機能測定法
  視覚誘発電位の頭皮上分布/脳磁図/ポジトロンCT/機能的MRI
15. 視覚機能のモデリングと数理理論
 15.1 計算論的な視覚研究の基礎と方法
  計算論的アプローチ/初期視覚の情報構造/ニューラルネットワーク/シミュレーション環境
 15.2 視覚野細胞のモデル
  モデリングのレベル/細胞の受容野と時間応答/一次視覚野の細胞/両眼入力に対する応答と両眼視差の符号化/時空間受容野と時空間エネルギーモデル/MT野の細胞/ゲイン調節機構
 15.3 視覚機能のネットワークモデル
  一次視覚野のモデル/3次元知覚のモデル/面知覚のモデル
 15.4 視覚機能と数理理論
  統計的情報処理の理論/カオス的緩和計算と統計的緩和計算との比較
 15.5 結び付け問題と双方向性神経結合の理論
  結び付け問題/双方向性神経結合の理論
16. 索  引

  関連本

質感の科学

視覚実験研究ガイドブック

関連情報

付属CD-ROMデータ(動作は保証いたしかねます)