朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.12.13

会社案内

シリーズ: シリーズ〈これからの基礎物理学〉 2

初歩の量子力学を取り入れた力学

A5/240ページ/2017年12月15日
ISBN978-4-254-13718-7 C3342
定価3,672円(本体3,400円+税)

窪田高弘 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

古典力学と量子力学の有機的な接続に重点を置き,二つの世界を縦横に行き来することで力学理論のより深い理解を目指す新しい型の教科書。解析力学による前期量子論の構築という物理学史的な発展を遠景に,知的刺激に溢れる解説を展開。

編集部から

学部初年度〜2年次に履修する古典力学の内容を,量子力学の初歩を導入しつつ解説するテキスト。マクロな世界(=古典力学)とミクロな世界(=量子力学)の連続性が理解できる画期的テキスト。

◎刊行にあたって
編集委員
鹿児島誠一・米谷民明
 本シリーズは,理工系・生命系における学部1・2 年生向けの物理教育を現代的内容へと抜本的に改めることを目指して企画された。大学の理科系専門課程を終えて社会に巣立つ人材に対し,現代人共通の科学的素養としての物理学の知識を提供することがそのねらいである。
 従来,理科系の物理教育では,共通科目として古典力学,古典電磁気学,熱力学が教えられてきた。これらが現代物理学の基礎であると同時に,科学・工学全般の基礎ともなっていることは言うまでもない。一方,科学技術の発展にともなって,これまで物理系学科の専門教育で講じられてきた量子力学,相対論,統計力学についても,その初歩的な考え方は理科系共通の基礎知識となりつつある。また,これらの“少し進んだ”内容を取り入れることにより,様々な物理的概念にいっそう明確な基礎づけがなされ,理解が深まるであろう.本シリーズは,こうした考えの実践である。
 今後,物理学の体系の素晴らしさや応用の広がりを伝え,さらなる興味をかき立てるような物理教育がますます望まれる。本シリーズが物理学の現代的な学び方を示す一つの指針となることを期待する。