朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.12.13

会社案内

シリーズ: ハイテクシリーズ

インテリジェントCAD (下) ―そのテクノロジーと展望―

インテリジェントCAD

A5/184ページ/1991年04月10日
ISBN978-4-254-23060-4 C3053
定価3,132円(本体2,900円+税)

吉川弘之 ・冨山哲男 編著

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

インテリジェントCADを構築するための技術とそれが実現した場合の波及効果および展望を解説〔内容〕プロダクトモデリングと―/メンタルモデルと―/対象指向と―/定性推論と―/企業における―への期待,展開/技術継承と―/用語集

執筆者一覧

【編集者】冨山哲男,吉川弘之
【執筆者】伊藤公俊,今村 聡,石田智利,梅田幹雄,車谷浩一,鈴木宏正,冨山哲男,吉川弘之

目次

0. インテリジェントCADのガイド
1. プロダクトモデリングとインテリジェントCAD
 1.1 はじめに
 1.2 プロダクトモデリング
 1.3 幾何的プロダクトモデル
 1.4 データモデル
 1.5 おわりに
2. メンタルモデルとインテリジェントCAD
 2.1 はじめに
 2.2 総合用モデルと解析用モデル
 2.3 設計者の意図表現としてのメンタルモデル
 2.4 機械設計者のメンタルモデル
 2.5 CONMOTOシステム
 2.6 機械図面の解釈とCONMOTOによる設計対象記述
 2.7 おわりに
3. 対象指向とインテリジェントCAD
 3.1 はじめに
 3.2 対象指向プログラミング
 3.3 対象指向の適用
 3.4 対象指向による設計支援の例
4. 定性推論とインテリジェントCAD
 4.1 物理世界のモデル化の手法としての定性推論
 4.2 主要な研究の概観
 4.3 インテリジェントCADの基礎技術としての定性推論
 4.4 物理現象の記述を用いた機械の表現と状態解析
 4.5 量の定性化の手法の拡張
 4.6 多変数定性空間を用いた剛体の平面運動の推論
 4.7 今後の課題と展望
5. 企業におけるインテリジェントCADへの期膜,展開
 5.1 CADの効果
 5.2 インテリジェントCADの課題
 5.3 おわりに
6. 技術継承とインテリジェントCAL
 6.1 はじめに
 6.2 設計者の知識獲得過程
 6.3 製品の成熟過程と知識の獲得
 6.4 コンピュータの発達と設計作業の変化
 6.5 インテリジェントCALの構築に向けて
 6.6 インテリジェントCADの時代の技術継承
 6.7 おわりに
7. 用語解説
8. 索 引