朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.09.07

会社案内

機械の力学

機械の力学
立ち読み

A5/256ページ/2007年03月15日
ISBN978-4-254-23117-5 C3053
定価5,184円(本体4,800円+税)

長松昭男 著

教科・科目 : 機械工学

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

ニュートン力学と最先端の物理学の成果を含めた機械系力学を本質的に理解できる渾身の展開で院生・技術者のバイブル。〔内容〕なぜ機械の力学か/状態量と接続/力学特性/力学法則/ダランベールの原理/運動座標系/振動/古典力学の歴史。[立ち読み]もご覧ください。

目次

1. なぜ機械の力学か 
 1.1 力学の現背景 
 1.2 工学系力学の特徴 
 1.3 本書の内容 

2. 状態量と接続 
 2.1 力 と 速 度  
  2.1.1 動力学における基本状態量
  2.1.2 力とは 
 2.2 因 果 関 係 
  2.2.1 従来の力学における因果関係 
  2.2.2 筆者が提案する因果関係 
  2.2.3 因果関係を演じる力学特性 
  2.2.4 フックとニュートン 
  2.2.5 不確定性原理と因果関係 
 2.3 釣合と連続 
  2.3.1 従来の概念と新概念の比較 
  2.3.2 力と速度の釣合 
  2.3.3 力学特性と接続 
  2.3.4 力学的エネルギーと接続 

3. 力 学 特 性 
 3.1 歴史上の背景 
 3.2 定義と分類 
 3.3 質量と柔性の機能 
 3.4 質量と柔性の対比 
 3.5 粘性の機能 
 3.6 力エネルギー場と粘性 
 3.7 粘性の発生機構 
  3.7.1 2個の原子間の力エネルギー場と粘性 
  3.7.2 粘性による力学的エネルギーの散逸 
  3.7.3 粘性が速度に比例する抵抗力を生じる理由 
 3.8 固体・液体・気体の物性 

4. 力 学 法 則 
 4.1 ニュートンの法則 
 4.2 筆者が提唱する法則 
  4.2.1 力学法則の対称性 
  4.2.2 新しい法則 
 4.3 運動量の法則と位置の法則 
  4.3.1 歴史的背景 
  4.3.2 運動量保存の法則 
  4.3.3 新しい単位系 
  4.3.4 位置の法則 
 4.4 衝突と連結 
  4.4.1 現象の対比 
  4.4.2 衝突の力学 
  4.4.3 連結の力学 
 4.5 力の作用反作用の法則 
 4.6 慣 性 力 
 4.7 速度の作用反作用の法則 
 4.8 柔 性 速 度 
 4.9 エネルギー 
  4.9.1 エネルギーとは 
  4.9.2 エネルギーの保存 
  4.9.3 エネルギーと双対関係 
  4.9.4 力学的エネルギーとは 
  4.9.5 力学的エネルギーと仕事 
  4.9.6 力学的エネルギー保存の法則 

5. ダランベールの原理 
 5.1 歴史上の考察 
 5.2 現在の一般見解 
 5.3 一般見解に対する検討 
 5.4 静力学と動力学 
  5.4.1 力学における状態 
  5.4.2 力学の分類 
  5.4.3 力学の帰着と統一 

6. 運動座標系 
 6.1 並進座標系 
  6.1.1 慣性系 
  6.1.2 非慣性系 
  6.1.3 非慣性系の例 
 6.2 回転座標系 
  6.2.1 運 動 
  6.2.2 動力学 
 6.3 相対性理論への糸口 
  6.3.1 重 力 
  6.3.2 力学的エネルギー 

7. 振   動 
 7.1 力学特性と状態量 
 7.2 力学的エネルギー
 7.3 発 生 機 構 
 7.4 支配方程式 
 7.5 力学特性と位相 
 7.6 固有周期と固有モード 

補章 古典力学の歴史 
 A.1 黎明期まで 
 A.2 ガリレイとデカルト 
 A.3 ニュートン 
 A.4 オ イ ラ ー 
 A.5 ダランベール 
 A.6 ラグランジュ 
 A.7 以後の発展 

参 考 文 献 
索   引