朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.07.03

会社案内

ジャンル機械工学自動車

シリーズ: 自動車技術シリーズ 11

自動車の振動騒音低減技術 (普及版)

自動車の振動騒音低減技術

B5/152ページ/2008年08月20日
ISBN978-4-254-23781-8 C3353
定価5,184円(本体4,800円+税)

高波克治 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

乗員快適性向上や社会環境対応上から今後重要性が増大する振動騒音低減技術の現状と今後の展開について解説。〔内容〕振動騒音関連環境/振動騒音の基礎と自動車における現象/評価方法/計測・解析技術/シミュレーション技術/低減技術。初版1996年12月10日刊。

執筆者一覧

【編集】自動車技術会
【編集委員長】池上 詢
【副委員長】近森 順
【編集委員】安部正人,井上悳太,岡 克己,大沢 洋,小林敏雄,城井幸保,芹野洋一,高波克治,辻村欽司,農沢隆秀,原田 宏,林 直義,東出隼機,間瀬俊明,山川新二,柳瀬徹夫
【編集幹事】高波克治
【執筆者】赤津洋介,石田茂徳,岡村 宏,北原 孝,倉八 毅,斉藤晴輝,菅原 浩,高波克治,田原康秀,中田輝男,中野光雄,屋代春樹,遊川秀幸

目次

1. 緒 論
2. 自動車の振動騒音関連環境と自動車における現象
 2.1 音環境向上への強いニーズ
 2.2 車内の音環境快適化の動向
 2.3 車外音の低減動向
 2.4 法規制の動向
 2.5 自動車の振動・騒音現象
3. 振動騒音の評価方法
 3.1 はじめに
 3.2 試験・評価
 3.3 要因分析
 3.4 自動車の音質評価
4. 計測・解析技術
 4.1 計測・解析技術の動向
 4.2 実機振動モード解析法
 4.3 近接音響インテンシティ
 4.4 近距離音響ホログラフィ法
 4.5 音響二重ホログラフィ法
 4.6 今後の展望
5. シミュレーション技術
 5.1 シミュレーション技術の動向
 5.2 シミュレーションモデルの考え方
 5.3 最適化へのアプローチ
 5.4 モデルの簡素化
6. コンポーネントの振動騒音低減技術
 6.1 エンジン騒音
 6.2 駆動系振動騒音
 6.3 シャシ系騒音
 6.4 車 体
7. 車両の車外騒音低減技術
 7.1 概 要
 7.2 車外騒音音源対策
 7.3 車外騒音解析の新手法
8. 制御技術による振動騒音低減
 8.1 まえがき
 8.2 エンジンマウント制御
 8.3 アクティブ騒音制御
9. 索 引
・FUNCTION=目次・