朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2018.08.08

会社案内

標準化学工学 I ―収支・流体・伝熱・平衡分離―

化学工学 I

B5/128ページ/2018年02月20日
ISBN978-4-254-25040-4 C3058
定価2,916円(本体2,700円+税)

日秋俊彦 編著/児玉大輔 ・栗原清文 ・松田弘幸 ・佐藤敏幸 ・松本真和 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

化学工学とはどんな学問であるか,全般的に学ぶ教科書のI巻。例題とその解答で理解を深める。〔内容〕化学工学とは/物質収支とエネルギー収支/流体輸送/熱移動操作/分離プロセス(平衡分離:蒸留・ガス吸収・液液抽出・晶析)

目次

Chapter 1 化学工学とは
 1.1 化学プロセスの構成
 1.2 プロセスダイアグラム
  1.2.1 ブロックフロー図
  1.2.2 プロセスフロー図
 1.3 単位と次元
  1.3.1 国際単位系(SI)
  1.3.2 従来の単位系
  1.3.3 組成と濃度

Chapter 2 物質収支とエネルギー収支
 2.1 物質の状態と物性
  2.1.1 相図
  2.1.2 蒸気圧
  2.1.3 状態方程式
 2.2 物質収支
  2.2.1 物理的操作の物質収支
  2.2.2 化学反応をともなう操作の物質収支
 2.3 エネルギー収支
  2.3.1 潜熱と顕熱

Chapter 3 流体輸送
 3.1 流体の流れ
  3.1.1 管径・流速・流量
  3.1.2 流動の物質収支
  3.1.3 流動のエネルギー収支
  3.1.4 流れの状態
 3.2 円管内の摩擦損失
 3.3 流体輸送に必要な動力
 3.4 流量測定
  3.4.1 オリフィス計
  3.4.2 ピトー管

Chapter 4 熱移動操作
 4.1 伝導伝熱
  4.1.1 フーリエの法則
  4.1.2 平板状固体層における熱伝導
  4.1.3 多重平板状固体層における熱伝導
  4.1.4 円筒状固体層における熱伝導
  4.1.5 多重円筒状固体層における熱伝導
 4.2 対流伝熱
  4.2.1 熱貫流と熱伝達
  4.2.2 熱交換器のモデル
  4.2.3 二重管式熱交換器
 4.3 放射伝熱
  4.3.1 熱放射線
  4.3.2 2物体間における放射伝熱
  4.3.3 放射および対流による複合伝熱

Chapter 5 分離プロセス(平衡分離)
 5.1 蒸留
  5.1.1 気液平衡
  5.1.2 計算による気液平衡
  5.1.3 蒸留の原理
  5.1.4 単蒸留
  5.1.5 フラッシュ蒸留
  5.1.6 段塔による連続蒸留
 5.2 ガス吸収
  5.2.1 ガスの溶解度
  5.2.2 吸収塔の設計と操作線
  5.2.3 化学反応をともなうガス吸収
 5.3 液液抽出
  5.3.1 液液平衡関係
  5.3.2 3成分系溶解度曲線とタイライン
  5.3.3 液液抽出装置
  5.3.4 単抽出
  5.3.5 多回抽出
  5.3.6 向流多段抽出
 5.4 晶析
  5.4.1 固液平衡
  5.4.2 固液平衡と溶解度
  5.4.3 晶析現象
  5.4.4 分離技術としての晶析の得意分野

文献
付録
索引

  関連本

標準 化学工学 II

ダウンロード データはお客様自身の責任においてご利用ください。詳しくはダウンロードページをご参照ください。