朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2018.11.05

会社案内

コンクリート工学 (第2版)

コンクリート工学
立ち読み

A5/184ページ/2007年02月15日
ISBN978-4-254-26151-6 C3051
定価3,024円(本体2,800円+税)

大塚浩司 ・庄谷征美 ・外門正直 ・小出英夫 ・武田三弘 ・阿波稔 著

教科・科目 : 土木・建築工学

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

基礎からコンクリート工学を学ぶための定評ある教科書の改訂版。コンクリートの性質理解のためわかりやすく体系化。〔内容〕歴史/セメント/骨材・水/混和材料/フレッシュコンクリート/強度/弾性・塑性・体積変化/耐久性/配合設計。[立ち読み]もご覧ください。

目次

0. 序章
 0.1 コンクリートとは
 0.2 構造材料としてのコンクリートの特徴
1. セメント
 1.1 概説 
 1.2 セメントの歴史
 1.3 ポルトランドセメント
 1.4 混合セメント
 1.5 特殊セメント
1.6 産業廃棄物の利用
2. 水・骨材
 2.1 概説
 2.2 水
 2.3 骨材
3. 混和材料
 3.1 概説
 3.2 分類および定義
 3.3 混和材
 3.4 混和剤
 3.5 特殊用途の混和剤
4. フレッシュコンクリート
 4.1 概説
 4.2 ワーカビリティー
 4.3 材料の分離
 4.4 空気量
 4.5 初期性状(経時変化)
 4.6 コンクリートの製造
 4.7 各種コンクリート
5. コンクリートの強度
 5.1 概説
 5.2 強度理論
 5.3 圧縮強度
 5.4 その他の強度
 5.5 破壊力学とコンクリート
6. コンクリートの弾性・塑性・体積変化
 6.1 概説
 6.2 弾性および塑性
 6.3 体積変化とひび割れ
7. コンクリートの耐久性
 7.1 概説
 7.2 コンクリートの透水性(透気性)
 7.3 凍害
 7.4 化学的浸食
 7.5 塩害
 7.6 アルカリ骨材反応
 7.7 キャビテーションおよびすりへり
 7.8 中性化
 7.9 耐久性照査
8. コンクリートの配合設計
 8.1 概説
 8.2 配合設計の基本的考え方と表し方
 8.3 配合設計の方法
 8.4 配合設計計算例

索引

  ダウンロード データはお客様自身の責任においてご利用ください。詳しくはダウンロードページをご参照ください。