朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.03.17

会社案内

カルシウムと骨 (普及版)

カルシウムと骨

B5/440ページ/2012年08月15日
ISBN978-4-254-32245-3 C3047
定価15,120円(本体14,000円+税)

西井易穂 ・森井浩世 ・江澤郁子 ・小島至 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

生命の根幹を基底づける“カルシウムと骨”について,この10年間の信じがたいほどの進歩を取入れ,まとめたもの。〔内容〕カルシウムと骨の生理学/カルシウムの栄養学/カルシウム代謝調節ホルモン/カルシウム代謝疾患とその治療。

執筆者一覧

【編集者】西井易穂,森井浩世,江澤郁子,小島 至
【執筆者】小島 至,多久和 陽,小倉明彦,最上秀夫,神崎 展,岡崎具樹,中村利孝,網塚憲生,佐々木朝代,小澤英浩,開 祐司,久保木芳徳,下川仁彌太,木戸慎介,井上大輔,松本俊夫,江澤郁子,塚原典子,上西一弘,道上敏美,大薗恵一,廣田孝子,廣田憲二,細井孝之,佐藤和雄,本田利江,麻見直美,鈴木和春,舛重正一,五関正江,武田英二,木村美恵子,西井易穂,山田幸子,清水正人,大山義彦,増田園子,津川尚子,岡野登志夫,新木敏正,風間順一郎,深川雅史,宇田川信之,岩崎香子,阿部悦子,中川秀己,竹内敦子,上村茂仁,田淵和久,遠藤逸朗,吉澤達也,加藤茂明,中川公恵,竹内靖博,石津谷俊則,堀 正幸,須田直人,片山泰之,和田誠基,三浦雅一,森本勲夫,杉本利嗣,猪股則行,山口 朗,小井田雅夫,藤田隆司,中牟田弘道,河野武幸,杉江陽子,渡邉淳一,西川卓治,腰原康子,倉石 泰,馬嶋正隆,片田 淳,宮浦千里,福本誠二,羽毛田慈之,森井浩世,田中弘之,川上英孝,秋澤忠男,新倉一彦,中塚喜義,三木隆己,塩井 淳,西沢良記,高橋俊二,田中 清

目次

. カルシウムと骨の生理学
1. カルシウムの生理学
 1.1 生命とカルシウム
 1.2 カルシウムによる細胞機能の調節
2. 骨の生理学
 2.1 骨組織
 2.2 骨原生細胞(細胞の分化形成と機能)
 2.3 軟 骨
 2.4 骨基質の化学
 2.5 骨ミネラルの化学
 2.6 骨内外のイオン移動とミネラルの恒常性
. カルシウムの栄養学
1. カルシウム動態の進化論的考察
2. カルシウムの所要量
3. カルシウム摂取量の現状と問題点
 3.1 日本におけるカルシウム摂取状況と国際間比較
 3.2 カルシウム摂取量に対する国際的動向
4. 食品および食品群別のカルシウム吸収率
5. ライフステージとカルシウム吸収
  5.1 乳幼時期のカルシウム吸収
  5.2 思春期のカルシウム吸収
  5.3 老齢期のカルシウム吸収
  5.4 妊娠期のカルシウム吸収
6. カルシウム代謝にかかわるビタミンD以外の栄養因子
  6.1 エネルギー
  6.2 蛋白質
  6.3 ビタミンA
  6.4 ビタミンK
  6.5 乳糖その他
7. 骨カルシウム代謝に対する運動の効果
  7.1 骨代謝と運動
  7.2 運動と栄養評価における骨形成に関連する遺伝子の解析
8. リン酸代謝の栄養学
8.1 腎臓・腸管でのリン酸代謝調節
8.2 骨組織におけるリン酸代謝
9. マグネシウム等微量金属とカルシウム代謝
. カルシウム代謝調節ホルモン
1. カルシウム代謝調節ホルモンの概要
2. ビタミンD
 2.1 ビタミンD研究の歴史
 2.2 ビタミンDの化学と代謝
 2.3 ビタミンD代謝産物の定量法と血漿中濃度・組織分布
 2.4 ビタミンDの生理作用
 2.5 ビタミンDの標的臓器と作用
 2.6 ビタミンDの作用機序(核内受容体)
 2.7 ビタミンD誘導体の生理作用
3. 副甲状腺ホルモン(PTH)と副甲状腺ホルモン関連蛋白質(PTHrP)
 3.1 PTHとPTHrPの研究の歴史
 3.2 PTHとPTHrPの化学構造と代謝
 3.3 PTHとPTHrPの測定法と血液濃度
 3.4 PTHとPTHrPの生理的作用
 3.5 PTHとPTHrPの標的臓器と作用
 3.6 PTHとPYHrPの作用機序
 3.7 PTHとPTHrPの誘導体,キメラ分子を用いた研究
 3.8 hedgehogとPTHrP
4. カルシトニン
 4.1 カルシトニン研究の歴史
 4.2 カルシトニンの化学構造と活性
 4.3 カルシトニンの測定法と血中濃度
 4.4 カルシトニンの生理作用
 4.5 カルシトニンの標的臓器とその作用
 4.6 カルシトニンの作用機序(受容体)
5. CGRP
6. エストロゲンとエストロゲン誘導体
7. カルシウム受容体とカルシウム代謝調節ホルモン
 7.1 カルシウム受容体の発見とそのcDNAクローニング
 7.2 副甲状腺のカルシウム受容体とカルシウム代謝調節
 7.3 腎臓・小腸・骨におけるカルシウム受容体とホルモン調節
. カルシウム代謝疾患とその治療
1. カルシウム代謝異常疾患概説
2. くる病
3. 骨軟化症
4. 腎性骨異栄養症
5. 骨粗鬆症
6. 動脈硬化症
7. 糖尿病
 7.1 骨粗鬆症
 7.2 糖尿病性骨過形成
8. 癌に伴う骨疾患
9. その他の疾患
 9.1 慢性関節リウマチの骨粗鬆症
 9.2 副甲状腺機亢進症
 9.3 副甲状腺機能低下症
10. 付  表
11. 和文索引
12. 欧文索引