朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.12.13

会社案内

農学とは何か

B5/192ページ/2018年01月15日
ISBN978-4-254-40024-3 C3061
定価3,456円(本体3,200円+税)

田付貞洋 ・生井兵治 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

人の生活の根本にかかわる学問でありながら,具体的な内容はあまり知らない人も多い「農学」。日本の農学をリードしてきた第一線の研究者達が,「農学とは何をする学問か?」「農学と実際の『農』はどう繋がっているのか?」を丁寧に解説する。

編集部から

日本の農学をリードしてきた研究者たちが解説。
「農学」を学ぶための入門書

(本書概要)
人の生活の根本にかかわる学問でありながら,具体的な内容はあまり知られておらず,高校までの学習ではほとんど触れられない「農学」の解説書。農学を9つの大分野に分け,それぞれについて日本の農学をリードしてきた研究者達が「農学とは何をする学問か?」「最先端の農学研究と,今の実際の農業はどう繋がっているのか?」を,高校生にも読みこなせるレベルで丁寧に解説する。

〈主な対象読者〉
・生物系学部へ進学を考えている高校生
・高校生の進路指導にかかわる教師・塾講師など
・農学部初年度の大学生

執筆者一覧

〈編者略歴〉
田付貞洋(たつき・さだひろ)
1945年京都府生まれ。2009年まで東京大学大学院農学生命科学研究科教授。
専門は応用昆虫学。日本の稲作における最大の害虫の一つニカメイガの研究で知られる。2012年日本農学賞受賞。
主な編著書:『アルゼンチンアリ:史上最強の侵略的外来種』(東大出版会,2014),『最新応用昆虫学』(朝倉書店,2009),『ニカメイガ―日本の応用昆虫学―』(東大出版会,2009)など。

生井兵治(なまい・ひょうじ)
1938年生まれ。専門は植物育種学。
筑波大学農林学系教授,筑波大学附属駒場高等学校校長などを歴任。2017年逝去。
主な編著書:『新版 農業の基礎』(農文協,2003),『植物の性の営みを探る』(養賢堂,1992)など。

目次

1.農学とは何か―総説― 生井兵治(元筑波大)
2.農業生物学1:生物生産―作物学,園芸学―
 篠原 温(日本施設園芸協会会長)・道山弘康(名城大)
3.農業生物学2:品種改良―育種学,生物測定学―
 鵜飼保雄(前東大)・岩田洋佳(東大)
4.農業生物学3:植物保護
 ―植物病理学,応用動物昆虫学・雑草学―
 田付貞洋(東大名誉教授)・宇垣正志(東大)
5.農芸化学 安藤 哲(東京農工大名誉教授)・服部 誠(東京農工大)
6.農業工学 宮 毅(東大名誉教授)
7.森林科学(林学) 津村義彦(筑波大)
8.水産学
 小川和夫(目黒寄生虫館)・白樫 正(近畿大)
9.獣医畜産学
 局 博一(東大名誉教授)
10.農業経済学
 中島紀一(茨城大名誉教授)