朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.09.07

会社案内

動物細胞工学ハンドブック (普及版)

動物細胞工学ハンドブック

B5/368ページ/2009年07月10日
ISBN978-4-254-43107-0 C3061
定価12,960円(本体12,000円+税)

日本動物細胞工学会 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

進展著しい動物細胞工学に関する約150の事項の最先端の知見と技術を紹介。〔内容〕動物細胞工学の基礎/機能性細胞培養法/細胞のライフサイクルと動物細胞工学/動物細胞機能の制御/機能性細胞を用いた評価法/培養工学/生理活性物質と動物細胞工学/動物細胞と糖鎖工学/人工臓器/遺伝子操作動物の創出と利用/遺伝子治療と細胞治療/免疫学と動物細胞工学/抗体工学と動物細胞工学/畜産学への応用/水産学への応用/宇宙空間と細胞工学/生産物とプロセスの法的規制。初版2000年1月10日刊。

執筆者一覧

【編集】日本動物細胞工学会
【編集者】上野川修一,白畑實隆,飴谷章夫,鈴木栄二,白井義人,松下 琢,新本洋士,矢ヶ崎一三
【執筆者】飴谷章夫,北野一昭,川原浩治,橋爪秀一,新本洋士,山田耕路,橋本 真,井上祐一,伊藤嘉浩,齋 政彦,伊藤健比古,大野忠夫,高見正道,永井和夫,山本良平,元野 満,清水 誠,渡辺寛人,麻生 久,高野昇一,酒井仙吉,阿部宏之,三浦 豊,久恒辰博,白畑實隆,高橋俊雄,須田年生,八村敏志,片倉喜範,寺田 聡,鈴木栄二,植田和光,相澤益男,吉田敏臣,高木 睦,白神直弘,佐藤正之,矢ヶ崎一三,篠原和毅,内海英雄,小田井英陽,山庄司志朗,一色賢司,福家洋子,永淵真也,上野川修一,松田 幹,市川 明,板垣 宏,足利太可雄,樺山 繁,伊倉宏司,海野 肇,山木進二郎,照屋輝一郎,菅原卓也,松下 琢,城風淳一,水谷 悟,松本 泉,佐藤哲男,大島武博,吉本 宏,鈴木隆元,伊東孝祐,早川和良,田之倉 優,佐野恵美子,亀山松寿,城野洋一郎,服部 誠,島 伸行,東尾侃二,美川 智,鎌井泰博,河田照雄,酒井 裕,伏木 亨,大政健史,菅 健一,立花宏文,津田英資,伊東 信,飯島信司,船津和守,中澤浩二,金子 充,北川康雄,酒井康行,緒方靖哉,土居克実,千代 豊,DavidBarnes,PaulCollodi, 木下雅由,末盛博文,濱田洋文,篠塚和夫,戸塚 護,大河内信宏,堂迫俊一,前田浩明,榎木 淳,竹腰正隆,吉田 均,富塚一磨,石田 功,井上國世,伊藤丈洋,星 宏良,山下祥子,松居靖久,長嶋比呂志,徳永智之,楠本賢一,亀井勇統,羽曽部正豪,林 征一,三浦 猛,三浦智恵美,尾島信彦,山下倫明,木下政人,粂井康宏,菅谷真二,平木祐輔,北川俊光,熊谷健一,吉水 守,木村喬久,西澤豊彦

目次

1. 動物細胞培養の基礎
 1.1 細胞の構造と機能
 1.2 細胞の応答
 1.3 細胞培養の基礎
  細胞培養用培地/培養器具/無菌操作/バイオハザード/細胞培養法/各種機能性細胞の無血清培養/細胞株の入手法
2. 機能性細胞培養法
 2.1 破骨細胞とその分化
 2.2 ヒト血管平滑筋細胞とその分化
 2.3 腸管上皮細胞の培養とその機能
 2.4 ヒト細胞障害性Tリンパ球の誘導培養法
 2.5 ウシ筋肉内脂肪前駆細胞株の樹立と特性
 2.6 乳腺上皮細胞
 2.7 卵管上皮細胞
 2.8 肝実質細胞I:分離法
 2.9 肝実質細胞II:培養法
 2.10 神経細胞
 2.11 生体外免疫系細胞
 2.12 白色,褐色脂肪細胞
 2.13 表皮角化細胞
 2.14 血液幹細胞
 2.15 メラノサイト
 2.16 腎メサンギウム細胞
 2.17 免疫系細胞
3. 細胞のライフサイクルと動物細胞工学
 3.1 細胞の老化,不死化,がん化と個体の制御
 3.2 細胞周期
 3.3 がん細胞の薬剤耐性機構
 3.4 がんの転移とその制御
 3.5 アポトーシスとその制御
4. 動物細胞機能の制御
 4.1 細胞バイオセンサ
 4.2 動物細胞機能の物理的化学的制御
5. 機能性細胞を用いた評価法
 5.1 生理活性物質の探索と単離
 5.2 食品成分の機能評価
 5.3 環境汚染物質の評価と管理
 5.4 医薬品の機能評価
 5.5 食品の安全性試験
 5.6 食品中の抗腫瘍活性試験
 5.7 腸管免疫I:パイエル板
 5.8 腸管免疫II:腸管上皮間リンパ球
 5.9 食品中のアレルゲンの抽出,分離,精製とアレルゲン性評価
 5.10 in vitroアレルギー検定系
 5.11 動物実験代替法
 5.12 ストレス評価法
 5.13 神経機能解析
6. 培養工学
 6.1 物質生産用細胞培養装置工学
 6.2 医療用生理活性タンパク質の生産
7. 生理活性物質と動物細胞工学
 7.1 生理活性物質の発見
 7.2 タンパク質工学―タンパク質の機能解析を目指した異種タンパク質の発現系―
 7.3 組換え型ではないタンパク質として生産している例
 7.4 組換えタンパク質として生産している例
 7.5 超天然高分子
 7.6 脂肪前駆細胞Ob1771の分化誘導を指標としたIGF-I関連物質の活性評価
8. 動物細胞と糖鎖工学
 8.1 タンパク質の糖鎖修飾と培養条件
 8.2 抗体活性と糖鎖
 8.3 抗体を用いた診断システムの開発
 8.4 糖タンパク質における糖鎖構造の解析と構造機能相関
 8.5 シアル酸
9. 人工臓器
 9.1 生体細胞学
 9.2 ハイブリッド人工肝臓
 9.3 人工軟組織
 9.4 複合細胞培養
10. 遺伝子操作動物の創出と利用
 10.1 遺伝子ターゲッティング
 10.2 トランスジェニック動物
 10.3 ノックアウトマウス
11. 遺伝子治療と細胞治療
 11.1 遺伝子治療
 11.2 細胞治療
 11.3 アンチセンス核酸による遺伝子制御
12. 免疫学と動物細胞工学
 12.1 免疫担当細胞応答の修飾
 12.2 免疫現象の培養細胞を用いた解析
 12.3 免疫応答の動物細胞工学的修飾による疾患の予防,治療
 12.4 移植臓器(肝臓)のviabilityの維持にかかわる因子
13. 抗体工学と動物細胞工学
 13.1 抗体の多様性と基礎
 13.2 マウスモノクローナル抗体
 13.3 ヒトモノクローナル抗体
 13.4 ヒト化杭体
 13.5 抗ペプチド抗体
 13.6 ファージディスプレイ法によるヒト抗体
 13.7 ヒト抗体遺伝子導入マウス
 13.8 抗体酵素(触媒抗体)
14. 畜産学への動物細胞工学の応用
 14.1 卵子および卵胞の培養と応用
 14.2 体外受精と着床前胚の体外培養
 14.3 胚の凍結保存
 14.4 胚性幹細胞の分離と培養
 14.5 始原生殖細胞の分離と培養
 14.6 家畜の核移植操作
 14.7 遺伝子組換え家畜
15. 水産学への動物細胞工学の応用
 15.1 アワビ中腸腺培養細胞の樹立と生理機能
 15.2 浮遊培養系の魚類細胞とその大量・高密度培養
 15.3 だれでも使える動物細胞―魚類細胞の静置浮遊・低温培養―
 15.4 ウナギ培養肝細胞の脂質代謝
 15.5 ウナギ精巣の生体外培養
 15.6 魚類細胞への外来遺伝子導入法
 15.7 遺伝子導入メダカの作出
16. 宇宙空間と細胞工学
17. 生産物およびプロセスの法的規制
 17.1 細胞培養医薬品開発のプロセスと法規制
 17.2 特許取得
 17.3 バイオテクノロジーと製造物責任
 17.4 バイオテクノロジーと知的財産
18. 付 録
 18.1 動物細胞工学年表
 18.2 細胞銀行の有効利用法
 18.3 市販無血清培地一覧表
 18.4 疾病モデル動物一覧
 18.5 日本国内で管理保存されている魚類由来株化細胞
 18.6 動物細胞工学研究に役立つインターネットWebサイト
19. 索   引
20. 資料編広告