朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2018.09.20

会社案内

シリーズ: 朝倉心理学講座 14

ジェンダー心理学

ジェンダー心理学

A5/196ページ/2006年06月01日
ISBN978-4-254-52674-5 C3311
定価3,672円(本体3,400円+税)

海保博之 監修/福富護 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

社会,文化,歴史的に構築された性差=ジェンダーのありようと意識行動への影響を明らかにする。〔内容〕現状と課題/家族/保育・教育/メディア/高齢社会/男らしさ・女らしさ/性差別・性役割意識/恋愛・セクシュアリティ/性の病理

目次

第1部 総論
1. ジェンダー心理学の現状と課題 [福富 護] 
 1.1 「ジェンダー」概念が心理学研究に登場するまで 
 1.2 身体の性別と心理的性別の分離 
 1.3 性差から性役割へ 
 1.4 ジェンダー心理学とは 
 1.5 ジェンダー心理学の課題 
 研究ガイドライン:ジェンダー研究の動向 

第2部 ジェンダー化される人間
2. 家族とジェンダー [森永康子] 
 2.1 ジェンダー化の担い手としての家族 
 2.2 子どものジェンダー化を説明する理論 
 2.3 子どもの性別が大人の認知と期待を変える 
 2.4 子どもの性別によって親は態度を変えるのか 
 2.5 親の語りとジェンダーのメッセージ 
 2.6 おもちゃを通して伝わるジェンダーのメッセージ 
 2.7 行動としてのジェンダー 
 2.8 今後の研究にむけて
3. 保育とジェンダー [池田政子] 
 3.1 乳幼児期のジェンダー化と保育現場の重要性 
 3.2 子どもたちの姿にみるジェンダー意識と「仲間」の影響 
 3.3 ジェンダー化の「舞台」としての保育現場 
 3.4 保育の場にジェンダーの視点を導入するために 
4. 教育とジェンダー [中澤智惠] 
 4.1 「ジェンダーと教育」研究の動向 
 4.2 教育達成と学業成績の男女差
 4.3 別学と共学 
 4.4 隠れたカリキュラム
 4.5 男の子問題:男子/男性のジェンダー形成とマスキュリニティ 
 4.6 学校の教科とジェンダー 
 4.7 今後の研究課題 
5. メディアとジェンダー [上瀬由美子] 
 5.1 メディアの内容分析研究 
 5.2 送り手にみるジェンダー・バランスの偏り 
 5.3 メディア情報の影響 
 5.4 ステレオタイプが好まれる理由 
6. 高齢社会とジェンダー [松田 修] 
 6.1 高齢化の現状と推移 
 6.2 高齢者の暮らしとジェンダー 
 6.3 高齢者介護とジェンダー 
 6.4 介護ストレスとジェンダー 

第3部 社会の中のジェンダー
7. 男らしさ・女らしさ−−ジェンダー・ステレオタイプとしての男らしさ・女らしさ [土肥伊都子] 
 7.1 男らしさ・女らしさとは何か 
 7.2 男性的性格特性・女性的性格特性の内容 
 7.3 ジェンダー・ステレオタイプの変化 
 7.4 ジェンダー・ステレオタイプの形成と維持 
 7.5 ジェンダーの自己概念:男性性・女性性・両性具有性 
 7.6 男性性・女性性の心身および対人関係への影響
 7.7 個人の認知傾向と心身および対人関係への影響 
 7.8 ジェンダー・ステレオタイプへの動態的アプローチ 
8. 性差別主義とジェンダー−−性差別主義の測定/現代的な性差別 [宇井美代子] 
 8.1 現代の日本社会における男女の格差の現状 
 8.2 男女の格差を生み出す要因:性差別主義 
 8.3 男女平等とは何か 
9. セクシュアリティとジェンダー [池田政子] 
 9.1 思春期以降の性心理・行動:ジェンダー差の現状 
 9.2 セクシュアリティ形成とジェンダー 
 9.3 大人たちのセクシュアリティ:結婚生活の中の性 
 9.4 性的指向の多様性 
10. 社会におけるジェンダーの病理 [青野篤子] 
 10.1 現代社会とジェンダー 
 10.2 女らしさの病理 
 10.3 男らしさの病理 
 10.4 関係性の病理 

事項索引 
人名索引 


  関連本

乳房の科学

ダウンロード データはお客様自身の責任においてご利用ください。詳しくはダウンロードページをご参照ください。

正誤表(118.4KB・)

「ジェンダー心理学」の正誤表です