朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.09.07

会社案内

蚊のはなし ─病気との関わり─

蚊のはなし

A5/160ページ/2017年08月20日
ISBN978-4-254-64046-5 C3077
定価3,024円(本体2,800円+税)

上村清 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

古来から痒みで人間を悩ませ,時には恐ろしい病気を媒介することもある蚊。本書ではその蚊について,専門家が多方面から解説する。〔内容〕蚊とは/蚊の生態/身近にいる蚊の見分け方/病気をうつす蚊/蚊の防ぎ方/退治法/調査法/他

編集部から

○8月20日は「蚊の日」!
 「蚊の日」とは・・・
 イギリスの細菌学者ロナルド・ロスが,羽斑蚊類の蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見した日,だそうです(1897年)。
 彼はこの業績で,1902(明治35)年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

デング熱はなぜ怖い?
ヤブカとイエカはどう違う?
そもそも,蚊とはどういう生き物?
 〜蚊についてのさまざまな情報を,専門家が正しく・わかりやすく解説します.

執筆者一覧

(執筆順)
上村 清, 津田良夫, 内田桂吉, 都野展子, 岡沢孝雄, 一盛和世, 今西 望, 江下優樹, 白井良和, 渡辺 護, 比嘉由紀子

目次

第1章 蚊とは
 1.1 蚊とはなにか
 1.2 蚊はなぜ問題となるか
 1.3 どんな蚊がいるのか
第2章 蚊の生態
 2.1 行動習性
 2.2 蚊の繁殖・季節消長
 2.3 種間関係,群集遷移
 2.4 分布
第3章 蚊の生理
 3.1 蚊の発育―脱皮と変態―
 3.2 蚊の生殖―吸血・交尾・産卵―
 3.3 糖類の摂取
 3.4 蚊の飛翔と活動リズム
 3.5 蚊の生理活動
 3.6 蚊の内分泌器官とホルモン
第4章 身近にいる蚊の見分け方
 4.1 身近にいる蚊について
 4.2 普通種の特徴
 4.3 身近にいる蚊の研究  
第5章 自然界にいる蚊の見分け方
 5.1 自然の蚊と出会う
 5.2 水田のイエカ
5.3 水田と川のハマダラカ
 5.4 竹林と樹洞の蚊
 5.5 雪融水たまりの蚊
 5.6 時として多発してヒトを襲う蚊
第6章 蚊のうつす病気
 6.1 マラリア
 6.2 フィラリア症
6.3 日本脳炎
 6.4 ウエストナイル熱
 6.5 デング熱
 6.6 チクングニア熱
 6.7 ジカウイルス感染症
 6.8 黄熱
 6.9 ロスリバー熱
第7章 蚊の防ぎ方
 7.1 蚊の好み
 7.2 蚊に刺されやすい人
 7.3 蚊の忌避剤
 7.4 蚊の侵入防止対策
 7.5 蚊に刺されない工夫
第8章 蚊の退治法
 8.1 蚊を発生させない方法
 8.2 蚊の退治の方法
 8.3 殺虫剤の使い方
8.4 殺虫剤抵抗性
第9章 蚊の調査法
 9.1 成虫採集
 9.2 幼虫採集
 9.3 生息調査
 9.4 飼育法(採卵,幼虫,成虫)

  関連本

感染症のはなし

ダニのはなし