朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2019.11.30

会社案内

アレルゲン害虫のはなし ―アレルギーを引き起こす虫たち―

アレルゲン害虫のはなし

A5/160ページ/2019年12月01日
ISBN978-4-254-64049-6 C3077
定価3,300円(本体3,000円+税)

川上裕司 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

近代の都市環境・住宅環境で発生し,アレルゲンとして問題となる,アレルゲンとなりうる害虫を丁寧に解説。習性別に害虫を学ぶ入門書。〔内容〕室内で発生/室内へ侵入/建材・家具などから発生/紙・食品・衣類を加害する/対策法

編集部から

国立病院機構相模原病院・臨床研究センター長の谷口正実先生より,本書の推薦文をいただきました!

知られざる環境中の重要アレルゲン、昆虫アレルゲンの初めての解説書!

日本では国民の3分の1以上がアレルギー疾患に罹患し、さらに増加し続けている。その原因としてダニ、花粉と並んで、室内昆虫アレルゲンが重要であることはほとんど知られていない。本書は、その実態と対策に初めてメスを入れた、この領域の第一人者達による渾身の書である。アレルギー医療に携わる関係者にはもちろん、建築関係やアレルギー患者の方々にも強くお勧めしたい。

執筆者一覧

編集・著者
川上 裕司(エフシージー総合研究所・暮らしの科学部)
著者
福冨 友馬(相模原病院・臨床研究センター)
小松 謙之(螢掘次Ε▲ぁΕ掘次ΩΦ羈発部)
木村 悟朗(イカリ消毒蝓Φ蚕儻Φ羹蝓
宮ノ下 明大(農研機構・食品研究部門)
島野 智之(法政大学・自然科学センター)
後藤 哲雄(流通経済大学・経済学部)
廣瀬 博宣(廣瀬産業蝓
小峰 幸夫(東京文化財研究所・保存科学研究センター)

目次

第1章 昆虫アレルゲンとは何か?〔福冨友馬〕
 1.1 アレルギーとは何か? アレルゲンとは何か?
 1.2 昆虫に対するアレルギーの研究の歴史
 1.3 環境アレルゲンとしての昆虫
 1.4 食物アレルゲンとしての昆虫
 1.5 昆虫刺傷によるアレルギー
 1.6 昆虫アレルギーの検査方法 
第2章 室内環境(ハウスダストなど)から発生する害虫〔川上裕司〕
 2.1 チャタテムシ類
 2.2 室内塵性ダニ類
第3章 室内環境に侵入する害虫
 3.1 ゴキブリ類〔小松謙之〕
 3.2 ハエ目〔木村悟朗〕
 3.3 シバンムシ類
 3.4 テントウムシ類
 3.5 カメムシ類
 3.6 トコジラミ
 3.7 プラタナスグンバイ〔川上裕司〕
 3.8 メイガ類〔宮ノ下明大〕
 3.9 トビケラ類
 3.10 カゲロウ類〔木村悟朗〕
 3.11 屋外侵入性ダニ類〔島野智之,後藤哲雄〕
第4章 建材・家具・額縁から発生する害虫
 4.1 シロアリ類〔廣瀬博宣〕
 4.2 シバンムシ類〔小峰幸夫〕
 4.3 ナガシンクイムシ類
 4.4 アリ類〔川上裕司〕
第5章 書籍や紙資料を加害する害虫〔小峰幸夫〕
 5.1 シバンムシ類
 5.2 シミ類
第6章 食品を加害する害虫〔宮ノ下明大〕
 6.1 コウチュウ目
第7章 衣類を加害する害虫
 7.1 カツオブシムシ類〔小松謙之〕
 7.2 イガ類〔木村悟朗〕
第8章 アレルゲン害虫の対策法
 8.1 IPMによる対策 〔川上裕司〕
 8.2 化学的対策(殺虫剤)〔木村悟朗〕
 8.3 物理的対策(捕獲トラップ)〔小松謙之〕
 8.4 住宅での環境改善による対策〔川上裕司〕

  ダウンロード データはお客様自身の責任においてご利用ください。詳しくはダウンロードページをご参照ください。

「アレルゲン害虫のはなし」引用・参考文献(完全版)(2002.2KB・)

「アレルゲン害虫のはなし」本文に掲載されている引用・参考文献の,省略分を除いた完全版です.