朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2020.08.07

会社案内

シリーズ: シリーズ[トレーニングの科学] 1

レジスタンス・トレーニング

レジスタンス・トレーニング

A5/296ページ/1994年01月25日
ISBN978-4-254-69015-6 C3075
定価5,720円(本体5,200円+税)

日本トレーニング科学会 編

カートに入れる

※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。


【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

〔内容〕レジスタンストレーニングの実際と課題・基礎/競技スポーツにおけるレジスタンストレーニングの実際と課題(20種目)/一般人におけるレジスタンストレーニングの実際と課題/レジスタンストレーニングにおけるけがと障害/他

執筆者一覧

【編集】トレーニング科学研究会
【執筆者】安部 孝,有賀誠司,岩岡研典,石井直方,石指宏通,入澤孝一,卯野 優,奥野景介,奥山秀雄,小沢治夫,大橋令子,金久博昭,鹿倉二郎,川上泰雄,木村千彫,朽木 勤,近藤正勝,小山裕史,佐藤 満,坂田好弘,関口 脩,高梨泰彦,田中邦雄,辻野 昭,土屋 純,手塚一志,戸苅晴彦,友末亮三,中井俊行,根本 勇,平野裕一,深代千之,福永哲夫,前河洋一,宮川千秋,柳澤 久,渡会公治

目次

1. 競技スポーツにおけるレジスタンストレーニングの実際と課題
 1.1 レジスタンストレーニングとは
 1.2 スポーツ競技に見られるレジスタンストレーニング
 1.3 競技力向上にレジスタンストレーニングは必要か
 1.4 レジスタンストレーニングでけがを予防する
 1.5 種目別レジスタンストレーニング法
 1.6 レジスタンストレーニングの評価方法
 1.7 各種トレーニング方法の位置づけ
2. レジスタンストレーニングの基礎
 2.1 レジスタンストレーニングとは
 2.2 レジスタンストレーニングと骨格筋の肥大
 2.3 レジスタンストレーニングによる筋力増加のメカニズム
 2.4 レジスタンストレーニングにおける性差―女子選手を中心として
 2.5 加齢とレジスタンストレーニング
 2.6 発育期のレジスタンストレーニング
3. 競技スポーツにおけるレジスタンストレーニングの実際と課題
 3.1 陸上競技[短距離]
 3.2 陸上競技[中・長距離]
 3.3 陸上競技[跳躍]
 3.4 陸上競技[投てき(やり投げ)]
 3.5 水泳競技
 3.6 ボート競技―高校女子
 3.7 クロスカントリースキー競技
 3.8 スピードスケート競技
 3.9 サッカー競技
 3.10 ラグビー競技
 3.11 アメリカンフットボール競技
 3.12 野球競技
 3.13 バスケットボール競技
 3.14 バレーボール競技
 3.15 テニス競技
 3.16 ウェイトリフティング競技
 3.17 レスリング競技
 3.18 体操競技
 3.19 柔道競技
 3.20 相撲競技
4. 一般人におけるレジスタンストレーニングの実際と課題
 4.1 フィットネスクラブにおける中高年者のレジスタンストレーニング
 4.2 フィットネスクラブにおけるレジスタンストレーニングの実際と課題
5. レジスタンストレーニングにおけるけがと障害
6. 索 引