生物・農学系のための 統計学 ―大学での基礎学修から研究論文まで―

平田 昌彦(編著)/宇田津 徹朗河原 聡榊原 啓之(著)

平田 昌彦(編著)/宇田津 徹朗河原 聡榊原 啓之(著)

定価 3,960 円(本体 3,600 円+税)

A5判/228ページ
刊行日:2017年04月15日
ISBN:978-4-254-12223-7 C3041

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

コンテンツダウンロード

内容紹介

大学の講義での学修から,研究論文まで使える統計学テキスト。〔内容〕調査の方法/変数の種類・尺度/データ分布/確率分布/推定・検定/相関・単回帰/非正規変量/実験計画法/ノンパラメトリック手法/多変量解析/各種練習問題

編集部から

目次

第I部 統計の基礎知識
第1章 統計調査の方法

第2章 変数の種類と尺度
 2.1 量的変数と質的変数
 2.2 連続変数と離散変数
 2.3 間隔尺度, 比率尺度, 順序尺度および名義尺度
 2.4 変数の種類と尺度の関係
 練習問題2

第3章 データ分布の要約
 3.1 度数分布
 3.2 データ分布の特徴を表す統計量
 練習問題3

第4章 確率分布
 4.1 確率分布と期待値
 4.2 確率分布の平均値と分散
 4.3 重要な離散型確率分布
 4.4 重要な連続型確率分布
 4.5 大数の法則と中心極限定理
 練習問題4

第II部 基本的統計解析手法
第5章 正規変量に関する推定と検定
 5.1 推定と検定の考え方
 5.2 平均値に関する推定と検定
 5.3 分散に関する推定と検定
 練習問題5

第6章 2つの正規変量間の関係
 6.1 相関分析
 6.2 単回帰分析:y=a bx
 練習問題6

第7章 非正規変量への対応:変数変換
 練習問題7

第III部 発展的統計解析手法
第8章 実験計画法と分散分析
 8.1 実験計画の考え方
 8.2 基本配置
 8.3 要因実験と分割区法
 8.4 多重比較

第9章 非正規変量への対応:ノンパラメトリック手法
 9.1 標本の違いの検定
 9.2 変量間の関係

第10章 その他の統計手法
 10.1 離散変数に関する検定
 10.2 y=a bx以外の単回帰分析
 10.3 多変量解析
 10.4 線形モデル
 10.5 時系列解析
 10.6 角度統計(円周統計)

第IV部 統計データの表示手法
第11章 表の作成

第12章 グラフの作成
 12.1 棒グラフ
 12.2 折れ線グラフ
 12.3 箱ひげ図
 12.4 円グラフ
 12.5 帯グラフ
 12.6 散布図
 12.7 複合グラフ
 12.8 レーダーチャート
 12.9 地図グラフ
 12.10 三角グラフ
付表
索引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library