電気系基礎シリーズ 1 電気磁気学

河野 照哉(著)

河野 照哉(著)

定価 4,180 円(本体 3,800 円+税)

A5判/192ページ
刊行日:1983年01月20日
ISBN:978-4-254-22561-7 C3354

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

電気と磁気に関連した現象の歴史的な発見の過程にもふれながら電気磁気学を詳述。〔内容〕電気と磁気/静電界/誘電体/電界計算法/電流/磁界/磁性体/磁界計算法/インダクタンス/電磁誘導/電磁界/電気磁気学に関連した物理現象

編集部から

目次

1. 電気と磁気
 1.1 起源
 1.2 電荷と磁極
 1.3 クーロンの法則
 1.4 静電誘導
 1.5 演習問題
2. 静電界
 2.1 電界
 2.2 電位
 2.3 等電位面
 2.4 電位の傾き
 2.5 ガウスの定理
 2.6 ラプラス,ポアソンの方程式
 2.7 静電容量
 2.8 導体に働く力
 2.9 演習問題
3. 誘電体
 3.1 はじめに
 3.2 誘電率
 3.3 誘電分極
 3.4 電束
 3.5 誘電体の組合せ
 3.6 誘電体に貯えられるエネルギー
 3.7 演習問題
4. 電界計算法
 4.1 はじめに
 4.2 ガウスの定理
 4.3 影像法
 4.4 等角写像法
 4.5 座標変換
 4.6 電子計算機による電界計算法
 4.7 演習問題
5. 電流
 5.1 はじめに
 5.2 オームの法則
 5.3 起電力と逆起電力
 5.4 キルヒホッフの法則
 5.5 電力
 5.6 演習問題
6. 磁界
 6.1 磁界と磁束密度
 6.2 電流の磁気作用
 6.3 ビオ-サバールの法則
 6.4 アンペアの周回積分の法則
 6.5 電流にはたらく力
 6.6 ベルトル積
 6.7 ベクトルの回転
 6.8 演習問題
7. 磁性体
 7.1 磁性体
 7.2 磁化の電流モデルと磁極モデル
 7.3 磁性体の中のHとB
 7.4 磁化率と透磁率
 7.5 磁気回路
 7.6 強磁性体の磁化
 7.7 磁性体に貯えられたエネルギー
 7.8 演習問題
8. 磁界計算法
 8.1 基本式
 8.2 異なる磁性体の境界
 8.3 ベクトルポテンシャル
 8.4 ベクトルポテンシャルを求める基本方程式
 8.5 演習問題
9. インダクタンス
 9.1 電流と磁束の鎖交
 9.2 自己インダクタンスと相互インダクタンス
 9.3 インダクタンスの直列接続
 9.4 電流の磁気エネルギー
 9.5 導体の内部インダクタンス
 9.6 演習問題
10. 電磁誘導
 10.1 電磁誘導の法則
 10.2 ノイマンの式
 10.3 自己誘導作用
 10.4 導体が磁束を切るために生ずる起電力
 10.5 インダクタンスのある回路の性質
 10.6 広がりのある導体中の電磁誘導
 10.7 演習問題
11. 電磁界
 11.1 変位電流
 11.2 マクスウェルの方程式
 11.3 電磁波
 11.4 演習問題
12. 電気磁気学に関連した物理現象
 12.1 接触帯電
 12.2 圧電現象
 12.3 熱電現象
 12.4 電池
 12.5 ホール効果
13. 演習問題の解答
14. 索 引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library