シリーズ検索: 現代の考古学

表示順

昇・降順

件数

写真:国家形成の考古学

現代の考古学7 国家形成の考古学

岩崎 卓也常木 晃(編) 

国家形成をめぐる諸理論を概観し,都市・国家がどのように規定されてきたかを考える。

A5判/212ページ
2008年11月25日
978-4-254-53537-2
C3320
定価4,400円
(本体4,000円+税)

現代の考古学 国家形成の考古学

写真:国家形成の考古学

岩崎 卓也常木 晃(編) 

A5判/212ページ
2008年11月25日
定価4,400円(本体4,000円+税)

国家形成をめぐる諸理論を概観し,都市・国家がどのように規定されてきたかを考える。

写真:生産と技術の考古学

現代の考古学4 生産と技術の考古学

高浜 秀(編) 

先史時代から歴史時代までの生産・技術の問題を扱い,その背景にある社会の考察を目的とする。

A5判/240ページ
2008年05月20日
978-4-254-53534-1
C3320
定価4,730円
(本体4,300円+税)

現代の考古学 生産と技術の考古学

写真:生産と技術の考古学

高浜 秀(編) 

A5判/240ページ
2008年05月20日
定価4,730円(本体4,300円+税)

先史時代から歴史時代までの生産・技術の問題を扱い,その背景にある社会の考察を目的とする。

写真:現代社会の考古学

現代の考古学1 現代社会の考古学

岩崎 卓也高橋 龍三郎(編) 

考古学はどのような学問なのだろうか。現代社会における考古学の意義に迫る。

A5判/296ページ
2007年09月05日
978-4-254-53531-0
C3320
定価5,720円
(本体5,200円+税)

現代の考古学 現代社会の考古学

写真:現代社会の考古学

岩崎 卓也高橋 龍三郎(編) 

A5判/296ページ
2007年09月05日
定価5,720円(本体5,200円+税)

考古学はどのような学問なのだろうか。現代社会における考古学の意義に迫る。

写真:食糧獲得社会の考古学

現代の考古学2 食糧獲得社会の考古学

佐藤 宏之(編) 

先史時代の世界の食糧獲得社会の諸相を,環境生態と適応技術システムの観点から概観。

A5判/276ページ
2005年10月28日
978-4-254-53532-7
C3320
定価5,720円
(本体5,200円+税)

現代の考古学 食糧獲得社会の考古学

写真:食糧獲得社会の考古学

佐藤 宏之(編) 

A5判/276ページ
2005年10月28日
定価5,720円(本体5,200円+税)

先史時代の世界の食糧獲得社会の諸相を,環境生態と適応技術システムの観点から概観。

写真:村落と社会の考古学

現代の考古学6 村落と社会の考古学

高橋 龍三郎(編) 

親族組織や共同体理論などについて考古学からいかにアプローチするかの試み。

A5判/368ページ
2001年10月20日
978-4-254-53536-5
C3320
定価7,150円
(本体6,500円+税)

現代の考古学 村落と社会の考古学

写真:村落と社会の考古学

高橋 龍三郎(編) 

A5判/368ページ
2001年10月20日
定価7,150円(本体6,500円+税)

親族組織や共同体理論などについて考古学からいかにアプローチするかの試み。

写真:交流の考古学

A5判/308ページ
2000年05月25日
978-4-254-53535-8
C3320
定価5,720円
(本体5,200円+税)

現代の考古学 交流の考古学

写真:交流の考古学

小川 英文(編) 

A5判/308ページ
2000年05月25日
定価5,720円(本体5,200円+税)

写真:食糧生産社会の考古学

現代の考古学3 食糧生産社会の考古学

常木 晃(編) 

地球の生態系を破壊するまでに至った人類の食糧生産社会を,その原点に戻り解説。

A5判/272ページ
1999年11月20日
978-4-254-53533-4
C3320
定価5,280円
(本体4,800円+税)

現代の考古学 食糧生産社会の考古学

写真:食糧生産社会の考古学

常木 晃(編) 

A5判/272ページ
1999年11月20日
定価5,280円(本体4,800円+税)

地球の生態系を破壊するまでに至った人類の食糧生産社会を,その原点に戻り解説。

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library