朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.06.27

会社案内

ジャンル科学一般脳科学

脳と意識

脳と意識

A5/296ページ/1997年04月10日
ISBN978-4-254-10144-7 C3040
定価6,480円(本体6,000円+税)

苧阪直行 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

本書は急速に進展している脳の高次機能解明の流れの中で,注目を集めだした意識の諸機能を,視野の中に注意の研究を捉えながら学際的アプローチにおいて提示する。〔内容〕脳と意識/覚醒/バインディング問題/身体システムと意識/記憶他

執筆者一覧

【編集者】苧阪直行
【執筆者】井上村徳子,岩村吉晃,石川正俊,沖田庸嵩,苧阪直行,川口 潤,柏木あさ子,澤口俊之,杉下守弘,船橋新太郎,松沢哲郎,松本修文,前田敏博,宮内 哲,吉村浩一

目次

1. 脳と意識:最近の研究動向 ―脳と視覚的アウェアネス―
 1.1 脳と意識
 1.2 意識の3階層
 1.3 意識を考える3つの視点
 1.4 意識のモデル
 1.5 意識と意図
 1.6 意識とワーキング・メモリ
 1.7 意識の量子論
 1.8 視覚的アウェアネス―V1に意識はあるか?
2. 覚醒
 2.1 意識と皮質下機構
 2.2 調節機構
 2.3 液性調節機構
3. バインディング(脳の情報統合)問題
 3.1 意識と共鳴結合仮説
 3.2 感覚統合とセンサフュージョン
4. 身体システムと意識
 4.1 体性感覚と意識
5. 記憶システムと意識
 5.1 ワーキング・メモリと意識
 5.2 潜在意識と記憶
6. 注意システムと意識
 6.1 視覚的注意とクロスモーダルアテンション
 6.2 選択的注意と事象関連電位
7. 大脳両半球と意識
 7.1 分離脳と意識
 7.2 脳梁の自然損傷例および外科的全切断例における離断性無視の出現 ―ヒトにおける空間性注意機能―
8. 自己意識の問題
 8.1 脳と自己意識
 8.2 自己意識の系統発生
 8.3 視覚・触覚の統合過程と自己意識:逆さめがねの世界
9. 索 引