朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2018.08.08

会社案内

武蔵野美術大学コレクション博物図譜 ─デジタルアーカイブの試み─

四六倍/516ページ/2018年10月15日
ISBN978-4-254-10281-9 C3640
定価21,600円(本体20,000円+税)

荒俣宏 特別監修/寺山祐策 監修/本庄美千代 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

武蔵野美術大学美術館・図書館所蔵(荒俣宏氏提供)の貴重書からビジュアルな図版を多数収録。同大で行われたデジタルアーカイブ・プロジェクトをもとに,大学資料の活用,デジタル化についても解説する。荒俣氏による博物学と図譜についての解説も収録。〔収録作品〕花蝶珍種図譜/人体構造解剖/第3次太平洋航海記/ルソーの植物学/イギリスの昆虫/熱帯ヤシ科植物図譜/脊椎動物図譜/アストロラブ号世界周航記/チリ前史/八色鳥科鳥類図譜/中国肉筆博物図集/他

目次

I 図譜編 (解説・本庄美千代)

 I-01 『花蝶珍種図譜』 
     エーレト,ゲオルグ・ディオニソス
 I-02 『人体構造解剖図集』 
     ゴーティエ=ダゴティ,ジャック・ファヴィアン
 I-03 『中国ヨーロッパ植物図譜』 
     ビュショー,ピエール・ジョゼフ
 I-04 『第3 次太平洋航海記』 
     クック,ジェームズ/キング,ジェームズ
 I-05 『オーストラリア探検記』
     ペロン,フランソワ/フレシネ,ルイ・クロード・デソール・ド
 I-06 『名花素描』 
     スパエンドンク,ヘラルト・ファン
 I-07 『ルソーの植物学』
     ルソー,ジャン=ジャック/ルドーテ,ピエール・ジョゼフ
 I-08 『コルディエラ景観図集』
     フンボルト,フリードリヒ・ヴィルヘルム・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン/ボンプラン,エメ
 I-09 『フローラの神殿』 
     ソーントン,ロバート・ジョン
 I-10 『イギリスの昆虫』 
     ドノヴァン,エドワード
 I-11 『解剖学遺稿集』 
     マスカーニ,パオロ
 I-12 『熱帯ヤシ科植物図譜』 
     マルティウス,カール・フリードリヒ・フィリップ・フォン
     第1巻/第2巻/第3巻
 I-13 『ユラニー号およびフィジシエンヌ号世界周航記録:動物図譜編』
     フレシネ,ルイ=クロード=デ・ソール=ド
 I-14 『脊椎動物図譜』 シンツ,ハインリヒ・ルドルフ
   哺乳類編/爬虫類編
 I-15 『コキーユ号世界航海記』
     デュプレ,ルイ・イシドール/レッソン,ルネ・プリムヴェール/ガルノー,プロスペル
     動物編/植物編/探検航海編
 I-16 『アストロラブ号世界周航記』
     デュモン・デュルヴィル,ジュール・セバスティアン・セザール
   航海地図/航海史:図録1/航海史:図録2
   ニュージーランドの動物図譜,哺乳類
   軟体動物図譜
   動物図譜
   植物図譜
 I-17 『一般と個別の頭足類図譜』
     フェルサック,アンドレ・エティエンヌ・ジャスティン・パスカル・ジョゼフ・フランセ・デュベール・デゥ/ドルビニ,アルシド・シャルル・ヴィクトル・デッサリーヌ
 I-18 『鳩図譜』
    マダム・クニップ/テミンク,コンラート・ヤコブ/プレヴォー,フローラン
 I-19 『チリ全史』 ゲイ,クラウディオ
 I-20 『八色鳥科鳥類図譜』  
     エリオット,ダニエル・ジロード
 I-21 『フウチョウ科・ニワシドリ科鳥類図譜』 
     シャープ,リチャード・バウドラー
 I-22 『自然の造形』 
     ヘッケル,エルンスト
 I-23 『エルウィズ氏ユリ属の研究補遺』
     グローヴ,アーサー/コットン,アーサー・ディズブロウ
 I-24 『[中国肉筆博物図集]』 [不明]

II 博物学とその美的表現の歴史   (荒俣 宏) 
 -01 博物画の楽しみ
博物誌Naturalis Historia とは何か/世界を開示する―博物学画像―/怪物画も重宝な資料だった/教育の手本になった博物画家/記述と図像化にかんする3 つの方法/分類学の基本概念は相同と相似/博物画は事実と想像の混合物である/博物画は模写される過程でエラーを発生させる
 -02 博物採集,博物館,そして博覧会
世界一周航海の結果、博物館が生まれる/北の果て,南の果て,そして真ん中の海/頭が重くてひっくり返りそうな地球/インコが鳴く幻想の南極大陸/ロマンスとパラダイスの島タヒチを巡る争い/キャプテン・クックが開いた新世界/ナポレオンも応募したラ・ペルーズの探検航海/楽園の島での幻滅/フランスとロシアの追随
 -03 日本博物学と図譜の進展―栗本丹洲『千蟲譜』を中心に―
西洋と日本の博物画は異質である/干物か刺身か?/魚はなぜ跳ね上がって描かれるのか?/解剖学と形態学の交差/本物は偽物に間違えられる?/『千蟲譜』に見える先見性/擬態の問題を意識した丹洲/お菊虫の登場/釣りをする魚の観察
 -04 視覚の冒険―「水族館の歴史」に寄せて―
繋がっていく関心、開ける展望/万博会場と大温室の結合/ラーケン温室も巨大なレセプション施設だった/ウォーディアン・ケースによる啓示/ウォードの次なる発見/ロンドン動物園に「フィッシュハウス」出現/ドイツの水族館の「環境展示」/1900 年万博は「海産生物様式」の万博でもあった/自然と人工の美の統合
 -05 博物画の現在と過去
博物図は困難な絵である/デューラーも博物図を制作した/体を壊すほどの仕事だった?/それでもアート化する不思議/人類3 万年の博物画展を開催できる/死物を活物に変える努力/植物図譜と実践的な描写/科学革命と図鑑革命の原理―自分の眼で見よ―/豊かで幸福な博物画も生まれた/奇跡の昆虫図もドイツから/博物画を国の美術にしようとした大帝

掘―駟からアーカイブへ
 -01 美術大学におけるデジタルアーカイブの試みとは 
      (寺山祐策)
 -02 特装本「博物図譜とデジタルアーカイブ」の発刊について 
      (寺山祐策)
 -03 博物図譜コレクションのはじまりから研究活用まで:
     「荒俣宏旧蔵博物図譜コレクション」をめぐって 
      (本庄美千代)
 -04 タッチパネル閲覧システムから「MAU M&L 博物図譜」開発まで
      (大田暁雄・河野通義)

 人名リスト
 参考文献
 視覚化される世界「博物図譜とデジタルアーカイブ」参考資料年表
   (谷田 幸・田中知美)