朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.11.17

会社案内

シリーズ: シリーズ〈データの科学〉 1

データの科学

データの科学

A5/144ページ/2001年06月10日
ISBN978-4-254-12724-9 C3341
定価2,808円(本体2,600円+税)

林知己夫 著

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

21世紀の新しい科学「データの科学」の思想とこころと方法を第一人者が明快に語る。〔内容〕科学方法論としてのデータの科学/データをとること―計画と実施/データを分析すること―質の検討・簡単な統計量分析からデータの構造発見へ

目次

1. 科学方法論としてのデータの科学
 1.1 科学とは何か
 1.2 データの科学の理念
 1.3 データの科学の戦略
2. データをとること―計画(design)と実施(collection)
 2.1 調査対象集団(U),母集団(P),標本(S)
 2.2 確率論と統計の意味
   試行を根底においた確率の数学的定義/統計の意味
 2.3 データをとる基本としての標本調査法
 2.4 データの科学の立場から調査対象集団をどうとるか
 2.5 社会調査実施の諸方法
 2.6 社会調査のさまざまな形
 2.7 測定論―その1
   一般的考察/測定する諸方法/質問文作成の視点1/質問文作成の視点2―
   意外性のある質問の効用/おはじきによる回答をとる
 2.8 測定論―その2
   調査不能(ノンレスポンス)の評価/回答変動(ばらつき)
3. データを分析すること―質の検討,簡単な統計量分析からデータの構造発見へ
 3.1 個票を読むことの重要性
 3.2 データの質の評価
   個票のチェック/調査における誤差
 3.3 集団の分割と集団の合併
   集団の分割/集団の合併
 3.4 統計学における諸方法再考
 3.5 グラフ化の重要性
 3.6 単純集計と構造分析
 3.7 多次元データ解析
   多変量解析/多次元データ解析
4. おわりに―因果関係論
5. あとがき
6. 付  録―文献解題
7. 索  引