朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2019.12.12

会社案内

シリーズ: 講座〈情報をよむ統計学〉 5

統計の誤用・活用

統計の誤用・活用

A5/224ページ/2003年12月10日
ISBN978-4-254-12775-1 C3341
定価4,180円(本体3,800円+税)

上田尚一 著

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

なぜ,どのように間違えるのか?統計の誤用例・活用法を,データと手法の両面から具体的に解説〔内容〕どこのデータか?/いつのデータか?/比較できる平均,できない平均/比較の仕方を考える/傾向性と個別性/使いようのないデータ/他

目次

0. はじめに
 0.1 「常識」としての統計的見方
 0.2 統計の誤用
 0.3 使いようのない「粗製品」
 0.4 誤用を活用に転じるために
 0.5 参考書
1. それはどこのデータか
 1.0 問題
 1.1 比率を使うことの妥当性
 1.2 地城区分の区切り方
 1.3 生活行動に対応した見方をするための地城区分
2. それはいつのデータか
 2.0 問 題
 2.1 統計データの時間的属性
 2.2 指数と変化率
 2.3 変化率の時間的属性
 2.4 ストックとフロー
 2.5 モデル
 2.6 滞留期間の情報
 2.7 発生率(フロー/ストックの形の比率)
 2.8 先のことをよむ―タイムラグをともなう情報
3. 比較できる平均・比較できない平均
 3.0 問題
 3.1 平均で代表するための前提
 3.2 混同効果
 3.3 条件を特定した平均値
 3.4 クロス表を作る
 3.5 標準化
4. 比較の仕方を考えてデータを取り上げる
 4.1 マクロな視点,ミクロな視点
 4.2 変化をみるためのデータ選択―コホート比較
 4.3 現象の変化を追う
5. 傾向性と個別性
 5.1 平均値を使うことの妥当牲
 5・2 必要に応じて複数の平均値を使う
 5.3 個別変動の大きさの評価
 5.4 中位値・四分位偏差値による表現
 5.5 1組の情報の要約
 5.6 情報要約手順の適用例
 5.7 連統的に観察された情報を要約する指標
6. 2変数の関係
 6.1 相関係数の誤用(時系列デ一夕の場合)
 6.2 散布図(2次元の分布図)
 6.3 分布図としての見方
 6.4 2変数の関係図としての見方
 6.5 相関係数
 6.6 第3の変数を考慮に入れる
7. 傾向線を求める回帰分析
 7.0 回帰分析
 7.1 説明変数選択と分散分析
 7.2 採用する変数の数の決め方
 7.3 変数の意味を考えた選択
 7.4 外れ値に注意
 7.5 予測
 7.6 集計データを使う場合
8. 時系列データの見方
 8.1 レベルレート図
 8.2 レベルレート図上での直線―指数曲線
 8.3 レベルレート図上での放物線―ロジスティックカーブ
 8.4 成長曲線のパラメータ推定
 8.5 ロジスティックカーブの適用例
9. 社会調査のデータの扱い
 9.1 構成比の表現と比較
 9.2 構成比のグラフ―風配図
 9.3 構成比のグラフ―三角図表
 9.4 構成比比較の数理―特化系数
 9.5 NA,DKの読み方
 9.6 MAの扱い
 9.7 回答肢の設計
 9.8 理由をきく副質問
 9.9 調査の基本にかかわる問題
10. 統計手法の論理と実験計画
 10.1 くりかえし
 10.2 実験群と対照群
 10.3 局所管理とランダミゼーション
 10.4 実験計画とプロトコール
 10.5 CDAとEDA
 10.6 調査と実験
 10.7 追跡調査と回顧調査
 10.8 問題解決の手段として
付録 世論調査の情報
あとがき
索 引