朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.05.16

会社案内

ジャンル物理学流体力学

乱流理論の基礎

乱流理論の基礎

A5/244ページ/1998年07月10日
ISBN978-4-254-13074-4 C3042
定価4,536円(本体4,200円+税)

後藤俊幸 著

教科・科目 : 物理学

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

乱流の技術的応用が進んでいる現在,その基礎となる統計理論に基づいて体系的に解説。〔内容〕乱流場の数学的記述/乱流の現象論/乱流の準正規理論/直接相互作用近似/ラグランジュ的くりこみ近似/くりこみ群/乱流の間欠性/付録

目次

1. 乱流場の数学的記述
 1.1 乱流の特徴
 1.2 基礎方程式
 1.3 平均
 1.4 一様乱流
 1.5 速度相関テンソル
 1.6 一様等方性乱流における速度相関テンソル
 1.7 Karman-Howarthの式
 1.8 速度場のフーリエ解析
 1.9 エネルギー方程式
 1.10 エネルギー詳細保存
 1.11 波数空間でのエネルギー輸送
2. 乱流の現象論
 2.1 Kolmogorovの理論
 2.2 Kolmogorovの4/5 法則
 2.3 間欠性
 2.4 εのゆらぎ
 2.5 Kolmogorov1962
 2.6 カスケードモデル
 2.7 乱流の直接数値シミュレーション
 2.8 シェルモデル
3. 乱流の準正規理論
 3.1 統計力学との対比
 3.2 準正規理論
 3.3 準正規理論の特徴
 3.4 修正0−4次キュムラント近似
4. 直接相互作用近似
 4.1 直接相互作用
 4.2 DIA方程式
 4.3 DIAのモデルによる検証
 4.4 DIAの特徴
 4.5 数値計算との比較
5. Lagrange的くりこみ近似
 5.1 Lagrange的統計理論
 5.2 代表変数
 5.3 Lagrange的くりこみ近似
 5.4 波数間の相互作用
 5.5 非局所的相互作用
 5.6 慣性領域
 5.7 LRAの特徴
 5.8 数値計算および実験との比較
 5.9 スペクトル理論の光と影
6. くりこみ群
 6.1 くりこみ群と乱流
 6.2 くりこみ群
 6.3 くりこみ群の結果の物理的解釈
 6.4 Yakhot & Orszagの理論
 6.5 乱流におけるくりこみ群の困難
7. 乱流の間欠性
 7.1 乱流における間欠性
 7.2 分布関数の写像完結近似
 7.3 近似の性質
 7.4 Burgers乱流
 7.5 Navier-Stokes乱流における1点分布関数
 7.6 Navier-Stokes乱流における2点統計
8. 付録
 8.1 中心極限定理
 8.2 Markov過程
 8.3 Gauss過程
 8.4 式の導出
 8.5 幾何学因子の展開
9. 引用文献
10. 索 引