朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.05.16

会社案内

シリーズ: 朝倉現代物理学講座 1

力学

力学

A5/264ページ/1981年10月25日
ISBN978-4-254-13561-9 C3342
定価4,860円(本体4,500円+税)

市村宗武 著

教科・科目 : 物理学

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

初等力学から解析力学までを,物理的理解に重点をおいてわかりやすく解説した。〔内容〕基本法則/基本的例題/運動の保存量/二体問題/加速度系での運動方程式/剛体の運動/ラグランジュの方程式/正準形式/多自由度系の振動(連成振動)

目次

1. 基礎法則
 1.1 はじめに
 1.2 運動の記述
 1.3 運動の基礎法則
2. 基本的例題
 2.1 等加速度運動
 2.2 抵抗のある場合の落下運動
 2.3 単振動
 2.4 減衰振動
 2.5 強制振動
3. 運動の保存量
 3.1 質量中心(重心),運動量
 3.2 ベクトルの内積と外積
 3.3 角運動量
 3.4 エネルギー――1質点の場合
 3.5 エネルギー――質点系の場合
4. 二体問題
 4.1 重心運動と相対運動の分離
 4.2 平面運動の極座標表示
 4.3 中心力の場合の形式解
 4.4 ケプラー問題
 4.5 散乱問題
5. 加速度系での運動方程式
 5.1 座標原点が加速度運動する座標系
 5.2 等速回転運動する座標系(2次元)
 5.3 一般論
6. 剛体の運動
 6.1 剛体
 6.2 固定軸のある剛体の運動
 6.3 剛体の平面運動
 6.4 固定点をもつ剛体の運動
7. ラグランジュの方程式
 7.1 仮想仕事の原理
 7.2 ダランベールの原理とラグランジュの方程式
 7.3 ハミルトンの原理
8. 正準形式
 8.1 ハミルトンの正準運動方程式
 8.2 正準運動方程式を導く変分原理
 8.3 正準変換
 8.4 ポアツソンの括弧
 8.5 無限小正準変換
 8.6 ハミルトン-ヤコビの方程式
 8.7 作用変数
9. 多自由度系の振動―連成振動
 9.1 2質点の簡単な例
 9.2 連成振り子の強制振動
 9.3 連成振動――自由度f>2
 9.4 波動方程式――自由度無限大の極限
 9.5 平衡点のまわりの微小振動の一般論
10. 問題の解答
11. 索 引