朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2019.10.18

会社案内

シリーズ: 朝倉物理学大系 13

量子力学特論

量子力学特論

A5/276ページ/2003年02月10日
ISBN978-4-254-13683-8 C3342
定価5,500円(本体5,000円+税)

亀淵迪 ・表実 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

物質の二重性(波動性と粒子性)を主題として,場の量子論から出発して粒子の量子論を導出する。〔内容〕場の一元論/場の方程式/場の相互作用/量子化/量子場の性質/波動関数と演算子/作用変数・角変数・位相/相対論的な場と粒子性

目次

序―量子力学特論
I部 波動性と粒子性
1.場の一元論
 1.1 物質と力の担い手としての場
 1.2 場の性質と役割
2.場の方程式
 2.1 ガリレイ相対性
 2.2 ガリレイ変換と5次元形式
 2.3 ガリレイ共変な場の方程式
 2.4 場の量によるG5の表現
3.場の相互作用
 3.1 一般的性質
 3.2 電磁相互作用
 3.3 非慣性系と慣性力
4.量子化
 4.1 量子力学の基礎仮定
 4.2 量子化に対する要請と手続き
 4.3 調和振動子の場合
 4.4 場の量子化
5.量子場の性質1
 5.1 理論の構成
 5.2 波動性と物質波
 5.3 粒子性と確率波
 5.4 3種の波動量
6.量子場の性質2
 6.1 シュレーディンガーの形式の拡張
 6.2 クラスター性
 6.3 干渉現象
局堯’汎梓愎瑤髪藥算
 7.1 シュレーディンガー方程式の形式解
 7.2 時間的変化と対称性
 7.3 演算子G(t),U(t,0)の実例
 7.4 再帰状態とその位相
8.作用変数・角変数・位相
 8.1 古典論的な考察
 8.2 量子論的考察
 8.3 ハミルトン―ヤコビ表示
 8.4 具体的な例
敬堯(箘
9.相対論的な場と粒子性
 9.1 スカラー場の場合
 9.2 ディラック場の場合
 9.3 共変性・局所性・因果性
10.その他の関連問題
 10.1 5次元形式の場の理論
10.2 ハミルトンの主関数とシュレーディンガーの波動関数
 10.3 中性スカラー場の密度流
 10.4 関数Gv( -)(x,t)
11.跋―量子力学小論
12.索引