朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.05.16

会社案内

新版制御工学の基礎

制御工学の基礎

A5/168ページ/2001年05月20日
ISBN978-4-254-20105-5 C3050
定価3,456円(本体3,200円+税)

柴田浩 編著

教科・科目 : 機械工学

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

好評を博した旧版をよりわかりやすく改訂。ディジタル計算機の発展により重要になってきたサンプル値制御系を充実。〔内容〕制御系と伝達関数/伝達関数による解析・制御系設計/状態空間法による解析・制御系の設計/離散時間制御系/他

目次

1. 制御の概念
 1.1 制御の種類
 1.2 フィードバック制御
 1.3 フィードバック制御系の設計目標
2. 制御系と伝達関数
 2.1 ラプラス変換
 2.2 伝達関数とブロック線図
 2.3 ブロック線図の等価変換
 2.4 演習問題
3. 伝達関数による解析
 3.1 制御系の過渡応答と過渡特性
 3.2 周波数伝達関数とその表示法
 3.3 安定判別法
 3.4 根軌跡法
 3.5 過渡特性の評価
 3.6 定常特性の評価
 3.7 演習問題
4. 伝達関数による制御系設計
 4.1 直列補償とフィードバック補償
 4.2 直列補償要素とその特性
 4.3 制御系の設計
 4.4 2自由度制御系
 4.5 内部モデル原理
 4.6 むだ時間系の設計
 4.7 演習問題
5. 状態空間法による解析
 5.1 制御系の状態表現
 5.2 状態方程式の解
 5.3 可制御性と可観測性
 5.4 状態表現と伝達関数
 5.5 実現問題
 5.6 線形変換と正準形式
 5.7 演習問題
6. 状態空間法による制御系の設計
 6.1 状態フィードバックによる極配置
 6.2 最適レギュレータ
 6.3 積分形制御系
 6.4 状態観測器
 6.5 演習問題
7. 離散時間制御系
 7.1 サンプリングとサンプリング定理
 7.2 z変換と逆z変換
 7.3 パルス伝達関数
 7.4 離散時間系の状態表現
 7.5 安定性と安定判別
 7.6 z平面とs平面
 7.7 有限整定制御
 7.8 インパルス列を用いた解析
 7.9 演習問題
8. 非線形制御系
 8.1 位相面解析法
 8.2 記述関数法
 8.3 リアプノフの方法
 8.4 演習問題
9. 演習問題解答
10. 参考文献
11. 索  引