朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.08.01

会社案内

シリーズ: システム制御情報ライブラリー 22

リアルタイムシステムとその応用

リアルタイムシステムとその応用

A5/216ページ/2001年08月25日
ISBN978-4-254-20942-6 C3350
定価4,104円(本体3,800円+税)

白川洋充 ・竹垣盛一 著

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

FAシステムからマルチメディアまでIT時代のデータ処理に必要な最新の体系を解説。〔内容〕基礎のスケジューリング理論(固定優先度,動的優先度,非周期的タスク,過負荷,他)/産業への応用(分散システム,DB,マルチメディア)

目次

I. リアルタイムシステムのスケジューリング理論
1. リアルタイムシステムとは何か
 1.1 リアルタイムシステム
 1.2 リアルタイムシステムの特徴
    タスクが周期的,非周期的,あるいは散発的とはどのようなことか/
    スケジューリングがプリエンプティブである,あるいはプリエンプティブでない
    というのはどのようなことか/単一のプロセッサを使ってスケジュールする場合    とマルチプロセッサを使ってスケジュールする場合どちらが困難か/
    スケジューリングがオフライン,あるいはオンラインというのはどこが違うのか     /スケジューリングが動的,あるいは静的というのはどこが違うのか/
    タスクがたがいに従属している,あるいは独立しているとはどのような意味か
 1.3 リアルタイムシステムのタスクのモデル化
    周期的タスク/非周期的タスクと散発的タスク
 1.4 演習問題
2. 固定優先度のスケジューリング
 2.1 固定優先度のスケジューリング
 2.2 レートモノトニックスケジューリング
    レートモノトニックスケジューリングによるスケジュール可能性/
    レートモノトニックスケジューリングの理論的解釈
 2.3 デッドラインモノトニックスケジューリング
    2つのタスクの場合/タスクが3つ以上ある場合
 2.4 固定優先度のスケジューリングの改良
 2.5 固定優先度スケジューリングの必要十分条件
    Lehoczky,Sha,Dingの方法/真鍋と青柳の方法
 2.6 演習問題
3. 動的優先度のスケジューリング
 3.1 動的優先度のスケジューリング
 3.2 EDFスケジューリング
    固定優先度のスケジューリングとEDFスケジューリング/EDFスケジューリング
   考える上で必要な概念
 3.3 EDFスケジューリングの必要十分条件
    Di=Tiの場合/Di≧Tiの場合/Di≦Tiの場合
 3.4 最適スケジューリング
 3.5 タスタの最悪応答時間
 3.6 プロセッサアイドル区間の求め方
 3.7 タスタの最悪応答時間の求め方
 3.8 演習問題
4. 非周期的タスタと散発的クスク
 4.1 非周期的タスクと散発的タスタのモデル化
 4.2 散発的タスクのEDFスケジューリングの必要十分条件
 4.3 非周期的タスクのスケジューリング
    各種サーバの説明と性能評価
 4.4 スラックスチーリングを使った周期的タスクと非周期的タスクの
    合同スケジューリング
    非周期的タスクのスケジューリングの方法
 4.5 演習問題
5. タスク間に依存関係が存在する場合のスケジューリング
 5.1 資源を共有するタスク間の競合の解決方法
 5.2 優先度継承プロトコル
 5.3 優先度シーリングプロトコル
 5.4 タスク間に依存関係が存在する場合のスケジュール可能性
 5.5 演習問題
6. 過負荷のリアルタイムシステムのスケジューリング
 6.1 価値関数を使ったスケジューリング
 6.2 過負荷のリアルタイムシステムのスケジューリング
    オンラインスケジューリング
 6.3 過負荷の状態におけるスケジューリングアルゴリズム
 6.4 演習問題
II. リアルタイムシステムの産業への応用
7. リアルタイム応用システムの概要
 7.1 リアルタイムシステムの構成・機能と技術課題
    ハードリアルタイム処理/ソフトリアルタイム処理/プラントデータ
    インタフェース/システムの高信頼化
 7.2 産業界におけるリアルタイムシステムの技術動向
    リアルタイムシステムの標準化動向/リアルタイムシステム構築技術の動向
 7.3 リアルタイムシステム基礎技術の応用
    リアルタイムミドルウェア技術/リアルタイム通信技術/
    リアルタイムデータベース技術/リアルタイムHMI技術
8. リアルタイムシステムの応用例
 8.1 リアルタイムタスクライブラリ
    リアルタイムアプリケーションレッド/システム管理デーモン
 8.2 リアルタイム分散システムサービス
    リアルタイムクライアント−サーバモデル/リアルタイム分散システムサービス    ミドルウェア/クロック同期とイベント同期化プロトコル
 8.3 産業用リアルタイムデータベース
    リアルタイムデータサーバ/NASAリアルタイムデータシステム/
    リアルタイムプロセスデータベース
 8.4 マルチメディア応用リアルタイムシステム
    Mercuriプロジェクト/産業用メディアコントローラ
9. 演習問題略解
10. 索  引