朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.11.17

会社案内

化学プロセス安全ハンドブック (普及版)

化学プロセス安全ハンドブック

B5/432ページ/2012年06月25日
ISBN978-4-254-25037-4 C3058
定価16,200円(本体15,000円+税)

田村昌三 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

化学プロセスの安全化を考える上で基本となる理論から説き起し,評価の基本的考え方から各評価法を紹介し,実際の評価を行った例を示すことにより,評価技術を総括的に詳説。〔内容〕化学反応/発火・熱爆発・暴走反応/化学反応と危険性/化学プロセスの安全性評価/熱化学計算による安全性評価/化学物質の安全性評価実施例/化学プロセスの安全性評価実施例/安全性総合評価/化学プロセスの危険度評価/化学プロセスの安全設計/付録:反応性物質のDSCデータ集

執筆者一覧

【編集者】田村昌三
【執筆者】阿久津好明,安藤隆之,新井 充,伊藤 葵,岩倉正英,飯塚義明,小川輝繁,菊池武史,栗原 均,高橋元治,田村昌三,橋本 繁,枩沢俊雄,三宅淳巳,和田有司

目次

第1編 化学反応と潜在エネルギー危険

1. 化学反応
 1.1 熱化学
 1.2 化学平衡
 1.3 反応速度
2. 発火・熱爆発と暴走反応
 2.1 発火
 2.2 熱爆発
 2.3 暴走反応
 2.4 爆燃と爆轟
3. 化学反応と潜在エネルギー危険
 3.1 重合反応
 3.2 縮合反応
 3.3 付加反応
 3.4 酸化反応
 3.5 還元反応
 3.6 ニトロ化反応
 3.7 スルホン化反応
 3.8 ハロゲン化反応
 3.9 ジアゾ化反応
 3.l0 アルキル化反応
 3.11 エステル化反応

第2編 化学プロセスの安全化

4. 化学プロセスの安全化
 4.1 はじめに
 4.2 化学プロセスの発火・爆発に至る過程
 4.3 化学物質の潜在エネルギー危険性評価
 4.4 化学プロセスの爆発危険度評価
5. 文献情報による安全性評価
6. 熱化学計算による安全性評価
 6.1 はじめに
 6.2 生成熱算出法
 6.3 CHETAH
 6.4 REITP2
7. 実験による安全性評価
 7.1 安全性評価機器
  熱分析/高感度等温測定/断熱測定/ベントサイジング
 7.2 化学物質の安全性評価
  熱分析/C-80D/MS-80D/TAM/ARC/高速熱分解/RADEX/
  断熱貯蔵試験/等温貯蔵試験/SADT試験/圧力容器試験
 7.3 化学プロセスの安全性評価
  熱分析/ARC/RC1/Auto-Mate/SIMULAR/VSP2/PHI-TEC II

第3編 化学プロセスの安全性評価例

8. 化学物質の安全性評価例
 8.1 ジフェニルジアゾメタンの溶媒中での安全性(DSC)
 8.2 推進薬の貯蔵安定性(MS-80 D)
 8.3 クメンヒドロベルオキシドの熱危険性(C-80 D,MS-80 D)
 8.4 オゾニドおよび過酸化物の熱分解挙動(C-80 D)
 8.5 SADTの推定(ARC)
 8.6 酸化重合型塗料の発火(DTA,ARC)
  事故の概要/安全性評価/結果の活用
 8.7 黒色火薬の総合危険性評価
  はじめに/実験/評価結果/結論
9. 化学プロセスの安全性評価例
 9.1 合成香料の合成反応(DSC)
 9.2 スチレン-アクリロニトリルの水存在下での共重合(OSC)
 9.3 ポリウレタンの重合熱(C80 D)
 9.4 o-ニトロフェニルヒドラジンの生成と分解(DSC,ARC)
 9.5 アクリロニトリルの重合(RC1)
 9.6 ニトロ化における暴走反応(DSCI ARCI RC1)
  事故の概要/安全性評価
 9.7 過酸化水素を用いた反応系の安全性(DSC,RC1)
  事故の概要/安全性評価
 9.8 ニトロ化反応の安全性(DSC,ARC)
  反応/予備調査/実験/評価/安全対策
 9.9 スチレンモノマーの自己発熱(VSP2)
 9.10 炭化水素の液相空気酸化(PHI-TEC III)
  停電時の安全対策/放散口の設計/暴走反応中断実験
 9.11 シミュレーションソフトを用いた安全性評価
10. 化学物質および化学プロセスの総合安全性評価
 10.1 熱安定性評価フローチャート
 10.2 反応安全性評価フローチャート
11. 化学プロセスの危険度評価手法
 11.1 Dow法
  プロセスユニット選定/物質係数/プロセスユニットハザード
  火災・爆発指数/防災設備の信頼性係数/プロセスリスク評価
 11.2 ICI法
  プロセスユニット選定/第1段階:初期評価/指標の計算/判定
  第2段階:ハザードレビュー/第3段階:対策項目/対策項目の評価
 11.3 ZHA法
  検討範囲の定義/検討チームの結成/ハザードの特定
  ハザード一覧表の作成/ハザード評価/リスクプロファイルの作成
  防護レベルの設定/リスク削減一覧表の作成

第4編 化学プロセスの安全設計

12. 化学プロセスの安全設計
 12.1 はじめに
 12.2 反応危険性評価手法
 12.3 熱移動機構
  Semenov理論/Frank-Kamenetskii理論
 12.4 スクリーニング試験
 12.5 通常反応のキャラクタリゼーション
 12.6 暴走反応のキャラクタリゼーション
 12.7 セミバッチ反応の安全設計
  セミバッチ反応の制御/最適な反応条件
13. 化学プロセスの危険性解析
 13.1 HAZOP
 13.2 HAZAN
 13.3 ETA
 13.4 FTA
 13.5 FMEA
14. 付 録:DSCデータ集
 14.1 付録化合物名索引
15. 索 引