朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2019.12.12

会社案内

シリーズ: シリーズ〈ビジネスの数理〉 1

ビジネス数理への誘い

ビジネス数理への誘い

A5/160ページ/2003年10月28日
ISBN978-4-254-29561-0 C3350
定価3,190円(本体2,900円+税)

筑波大学ビジネス科学研究科 編

在庫問合せ

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

ビジネスのための数理的方法を俯瞰する入門編。〔内容〕ビジネス科学・技術/数理的方法の機能/モデルアプローチ/マネジメントプロセスモデル/モデルアプローチの成功と失敗/ビジネス現象のモデル化/デザイン技術としての数理的方法他

編集部から

■シリーズの紹介
 「シリーズ ビジネスの数理」は,筑波大学ビジネス科学研究科経営システム科学専攻(東京キャンパス夜間社会人大学院)で,1989年の設立以来行われてきた「経営理論」「数理的方法」「情報技術」の3分野融合による「ビジネス科学」創生のための教育・研究活動における数理的方法の役割を明らかにするために企画されました.
 本シリーズでは,ビジネスのための数理的方法に焦点を当て,単なる学問ではなく,社会に役立つ技術体系を学ぶというユーザー教育を目指しています.ビジネスパースンが日進月歩の数理的方法に遅れることなく,自分の目的に最低限必要な数学の「機能」を理解するようになる,このパワーユーザー教育の体系化が本シリーズの挑戦です.

【シリーズ編集者から】
 多くのビジネスパーソンにとって、「数学」は縁遠いものであり、できれば避けて通りたいものの代表である。実際、高校の頃から数学は難しくて、わからなくなり、そして嫌いな授業の代表となることが多い。日常生活では、小学校で習った4則演算さえ知っていれば、困ることはない。「なぜ役に立たない数学を、中学でも、高校でも習うのか?」「理工系には必要かも知れないが、文系には必要ない」、そんなところが多くのビジネスパーソンの平均的な気分であろう。
 一方、社内で理系出身の同僚が、様々な統計データを用いた分析結果などに基づき、「このままだと、我が社の将来の業績はこうなります」とか、「M&Aの対象企業の企業評価はコレコレです」とか、「これが我が社の事業の最適な再編計画です」とか示されると、直感では可笑しな結論と思いながらも、「数学的理論に基づいた推計です」とやられると、背景の知識がないためただ押し黙るしかなく、悔しい思いをしたこともあったでしょう。
 本書は、高校時代に既に数学をドロップアウトした文系出身のビジネスパーソンを相手に、企業実務の中で実際に良く使われる数学を、社会人大学院という場で長年教えてきた著者達が、その豊かな経験を基に使う者の立場から、わかりやすくまとめた「ビジネス数理」のテキストである。したがって、ビジネスパーソンがどんなニーズを持っているのかはもちろん、数学にどんな不安を持っているのか、どこで落とし穴に陥るのかなどを十分に知った上で、痒いところに手が届く形で書かれたエッセイ風のテキストである。
 「数学」と「ビジネス数理」の違い、企業経営の羅針盤としてのビジネス数理、ビジネスを円滑に進めるマネジメント技術としてのビジネス数理など、平均的なビジネスパーソンにとって未知の世界を垣間見ることができる。数式の利用も極力抑えられているので、高校生程度の知識があれば容易に読みこなせる形になっている。(筑波大学大学院ビジネス科学研究科 鈴木久敏)

執筆者一覧

【編集】筑波大学ビジネス科学研究科
【執筆者】猿渡康文,徐 馬華,鈴木久敏,椿 広計,牧本直樹,山田雄二,吉澤 正,領家美奈

目次

1. ビジネス科学とビジネス技術
 1.1 21世紀はビジネスの時代
 1.2 ビジネスを支えるもの
 1.3 チャンスとリスクのマネジメント
2. 数理的方法の機能
 2.1 ビジネスを科学にする試み
 2.2 ビジネス数理の表現機能
 2.3 ビジネス数理のデザイン機能
3. ビジネスヘのモデルアプローチ―ビジネスを科学にする手続き―
 3.1 法則の数理的表現
 3・2 システムズアプローチ―ビジネス法則の理論的導出
 3・3 システムズアプローチからデータアプローチへ
 3.4 分類の必要性
 3・5 モデルなき手法利用への苦言
 3・6 マネジメントサイクルからみた科学の作法
4. マネジメントプロセスのモデル―環境マネジメントを例として―
 4.1 環境ビジネスと環境マネジメントの誕生
 4.2 マネジメントシステムはPDCAモデル
 4・3 環境マネジメントシステムを支接する数理的技法
 4.4 ビジネス数理とマネジメントシステム
5. モデルアプローチの成功と失敗―金融の事例から学ぶ―
 5.1 金融における数理的手法―オプション価格付け理論
 5.2 事例から学ぶモデル化手法のリスクと予期せぬイベント
6. ビジネス現象のさまざまなモデル化
 6.1 さまざまな数理モデル
 6.2 ビジネスにおける静的モデルの例
 6.3 ビジネスにおける動的モデルの例
 6.4 ビジネスにおける誤差を含むモデルの例
 6.5 ビジネスにおける不確実性を含むモデルの例
 6.6 複雑なビジネス現象のモデルの例
7. デザイン技術としての数理的方法
 7.1 数理技術とその狙い
 7.2 数理技術のビジネスへの通用―投入産出モデルの事例
 7.3 数理モデルとその利用技術の例
8. ビジネス数理の正しい学び方
 8.1 ビジネス数理と学校数学
 8.2 ビジネス数理の正しい学び方
 8.3 ビジネス数理の効率的な学び方
 8.4 ビジネス数理への第一歩
付録1 参考図書
付録2 用語解説
索 引

  関連本

チャンスとリスクのマネジメント

ビジネスへの確率モデルアプローチ

ビジネスへの統計モデルアプローチ