朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報リンク常備店一覧
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2017.05.16

会社案内

植物栄養・肥料の事典

植物栄養・肥料の事典

A5/720ページ/2002年05月10日
ISBN978-4-254-43077-6 C3561
定価24,840円(本体23,000円+税)

植物栄養・肥料の事典編集委員会 編

カートに入れる

【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

植物生理・生化学,土壌学,植物生態学,環境科学,分子生物学など幅広い分野を視野に入れ,進展いちじるしい植物栄養学および肥料学について第一線の研究者約130名により詳しくかつ平易に書かれたハンドブック。大学・試験場・研究機関などの専門研究者だけでなく周辺領域の人々や現場の技術者にも役立つ好個の待望書。〔内容〕植物の形態/根圏/元素の生理機能/吸収と移動/代謝/共生/ストレス生理/肥料/施肥/栄養診断/農産物の品質/環境/分子生物学

執筆者一覧

【編集者】麻生昇平,石塚潤爾,小畑 仁,越野正義,関谷次郎,但野利秋,茅野充男,前 忠彦,松本英明
【執筆者】関谷次郎,寺林 敏,西澤直子,山口淳一,但野利秋,波多野隆介,伊藤純雄,我妻忠雄,間藤 徹,久保井 徹,松本英明,木村眞人,牛木 純,早川嘉彦,石塚潤爾,松口龍彦,赤司和隆,境 雅夫,米山忠克,安藤忠男,高橋英一,王子善清,河野憲治,森 敏,堀口 毅,小畑 仁,水野直治,山内益夫,渡辺和彦,平澤栄次,小西茂毅,大山卓爾,稲永醇二,有馬泰紘,笠毛邦弘,三村徹郎,林 浩昭,茅野充男,藤原 徹,藤田耕之輔,山谷知行,前 忠彦,牧野 周,大崎 満,西田生郎,渡辺 巌,河内 宏,斎藤雅典,森 茂太,吉田静夫,多田幹郎,白石友紀,積木久明,加藤 潔,山本洋子,柴坂三根夫,田中 浄,河合成直,小山博之,江崎文一,横田博実,馬 建鋒,池田元輝,嶋田典司,長谷川 功,藤井義晴,麻生昇平,越野正義,尾和尚人,諸岡 稔,柴田 勝,羽生友治,関本 均,眞弓洋一,野口勝憲,吉羽雅昭,安藤淳平,樋口太重,岸本菊夫,日高 伸,上沢正志,齋藤 寛,関矢信一郎,吉野 喬,水落勁美,下野勝昭,藤原俊六郎,松中照夫,山本克巳,細谷 毅,川内郁緒,中島田 誠,大屋一弘,五十嵐太郎,小池孝良,生原喜久雄,贄田博躬,高木 浩,深見元弘,本郷千春,稲津 脩,加藤 淳,市川信雄,建部雅子,井村悦夫,渡邊幸雄,吉川年彦,駒村研三,三木直倫,能代昌雄,藤沼善亮,金澤晋二郎,嶋田永生,犬伏和之,川島博之,後藤茂子,梅宮善章,陽 捷行,岡崎正規,藤井國博,米林甲陽,若月利之,袴田共之,長野間 宏,南澤 究,森 忠洋,松本 聰,和田英太郎,山崎慎一,福原道一,米田好文,榊原 均,杉山達夫,高橋裕一郎,佐藤公行,土屋 亨,北柴大泰,渡辺正夫,鳥山欽哉,内藤 哲

目次

1.植物の形態
 1.1 高等植物の進化とライフサイクル
 1.2 植物の器官と組織
 1.3 植物の細胞構造
2.根 圏
 2.1 根圏における養水分の動態
 2.2 根圏における有害物質の動態
 2.3 根による物質の分泌と排出
 2.4 根圏における微生物の動態と代謝
3.元素の生理機能
 3.1 必須元素の定義
 3.2 養分要求性
 3.3 多量必須元素
 3.4 微量必須元素
 3.5 その他の有用元素
4.吸収と移動
 4.1 細胞内へのイオンの吸収と移動
 4.2 長距離輸送
5.代 謝
 5.1 窒素の代謝
 5.2 リンの代謝
 5.3 硫黄の代謝
 5.4 炭水化物代謝
 5.5 脂質代謝
 5.6 光合成
 5.7 呼 吸
6.共 生
 6.1 窒素固定微生物との共生
 6.2 菌根菌との共生
7.ストレス生理
 7.1 ストレスシグナル応答反応
 7.2 物理的ストレス
 7.3 生物的ストレス
 7.4 化学的ストレス
8.肥 料
 8.1 肥料の種類と特性
 8.2 肥料の品質と保全
 8.3 肥料の研究開発と動向
9.施 肥
 9.1 施肥の原理一施肥と収量・環境
 9.2 肥料試験法と施肥量の決定
 9.3 環境条件と施肥
 9.4 作物ごとの施肥
10.栄養診断
 10.1 外観による栄養診断
 10.2 化学分析による栄養診断
 10.3 リモートセンシングによる栄養診断
11.農産物の品質
 11.1 食糧・食品の品質要素
 11.2 農産物の安全性と施肥
 11.3 作物ごとの品質
 11.4 有機農法と品質
12.環 境
 12.1 環境動態と植物
 12.2 資材投入による環境負荷
 12.3 環境の変化と植物栄養
 12.4 植物栄養・肥料学的手法による環境改善へのアプローチ
 12.5 解析手法
13.分子生物学
 13.1 分子生物学の基礎技術
 13.2 養分吸収と転流の分子生物学
 13.3 窒素同化の分子生物学
 13.4 光合成の分子生物学
 13.5 生殖生長の分子生物学
 13.6 登熟の分子生物学
14.索 引