マーケティングハンドブック

J. エリアシュバーグG.L. リリエン(編)/森村 英典岡太 彬訓木島 正明守口 剛(監訳)

J. エリアシュバーグG.L. リリエン(編)/森村 英典岡太 彬訓木島 正明守口 剛(監訳)

定価 31,350 円(本体 28,500 円+税)

A5判/904ページ
刊行日:1997年12月01日
ISBN:978-4-254-12122-3 C3041

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

〔内容〕数理的マーケティングモデル/消費者行動の予測と説明/集団的選択と交渉の数理モデル/競争的マーケティング戦略/競争市場構造の評価と非空間的木構造モデル/マーケットシェアモデル/プリテストマーケット予測/新製品拡散モデル/計算経済と時系列マーケット応答モデル/マーケティングにおける価格設定モデル/セールスプロモーションモデル/営業部隊の報酬/営業部隊の運営/マーケティングミクスモデル/意思決定モデル/戦略モデル/生産の意思決定

編集部から

目次

〔序 論〕
1. 数理的マーケティング・モデル:歴史的背景と将来の予測
 1.1 過去からの投影
 1.2 1970年代:最初の発展期間
 1.3 1980年代から現在まで
 1.4 マーケティング・モデルの比較
 1.5 今日のマーケティングにおけるOR/MS
 1.6 将来におけるマーケティング・モデル
  1.6.1 インターフェースのモデル化
  1.6.2 プロセスのモデル化
  1.6.3 競争と調整のモデル
  1.6.4 マーケティングの一般化
  1.6.5 新しい測定技術
  1.6.6 新しい手法
  1.6.7 知的マーケティング・システム
  1.6.8 実務におけるいっそうのインパクト
  1.6.9 応用の新しい範囲
〔市場現象のモデル〕
2. 消費者行動の予測と説明
 2.1 消費者行動モデルのためのフレームワークの作成
 2.2 消費者行動モデルの分類
 2.3 ニーズの喚起
 2.4 情報探索
 2.5 評価
 2.6 購買
 2.7 購買後の態度と行動
 2.8 統合:マネジメント上の問題解決のためのモデル結合
 2.9 消費者行動モデルの将来の方向
 2.10  結論
3. 集団的選択と交渉の数理モデル
 3.1 はじめに
 3.2 焦点と定義
 3.3 集団的選択の諸モデル
 3.4 選択状況の諸次元
 3.5 応用
 3.6 結論
4. 競争的マーケティング戦略:ゲーム理論的モデル
 4.1 はじめに
 4.2 準備
 4.3 価格競争
 4.4 製品競争
 4.5 広告競争
 4.6 流通経路における競争
 4.7 結論
〔市場分析のための道具と手法〕
5. 競争市場構造の評価と非空間的木構造モデル:マーケティングと計量心理学における展望
 5.1 はじめに
 5.2 非空間木モデルによる競争市場構造の評価
 5.3 検討,関連文献および研究動向
6. マーケット・シェア・モデル
 6.1 はじめに
 6.2 マーケット・シェアとマーケティング努力
 6.3 マーケット・シェアと選択確率
 6.4 市場と競争における非対称性
 6.5 シングル・ソース・データからの一数値例
 6.6 魅力度モデルが直面している問題
7. プリテスト・マーケット予測
 7.1 プリテスト・マーケット分析のための基準
 7.2 プリテスト・マーケット予測の方法―パッケージ・グッズ―
 7.3 プリテスト・マーケット予測の精度
 7.4 耐久消費財
 7.5 産業財およびサービス
 7.6 要約
8. 新製品普及モデル
 8.1 はじめに
 8.2 初回購入に関する基本普及モデル
 8.3 Bass普及モデルの改善と拡張
 8.4 普及モデルの利用法
 8.5 結論とディスカッション
9. 計量経済時系列市場反応モデル
 9.1 はじめに
 9.2 市場メカニズム
 9.3 静的モデル
 9.4 動的モデル
 9.5 実証結果およびマーケティングの一般化
 9.6 研究課題
 9.7 ディスカッション
〔マーケティング・ミックスの要素〕
10. 製品ポジショニングを伴ったコンジョイント分析
 10.1  はじめに
 10.2  合成型対分解型の選好モデル
 10.3  コンジョイント分析の基本概念
 10.4  コンジョイント分析におけるトレンド
 10.5  コンジョイント・シミュレーターと感度分析
 10.6  コンジョイント分析の適用
 10.7  シミュレーターから製品最適化ツールへ
 10.8  SIMOPTモデル
 10.9  SIMOPT
 10.10  実際の適用
 10.11  結論
11. マーケティングにおける価格設定モデル
 11.1  はじめに
 11.2  価格設定の一般的枠組み
 11.3  単一製品の静的価格設定モデル
 11.4  単一製品の動的価格設定モデル
 11.5  複数製品の価格設定モデル
 11.6  行動的価格設定モデル
 11.7  価格効果の測定
 11.8  今後の研究方向
12. セールス・プロモーション・モデル
 12.1  はじめに
 12.2  記述モデル
 12.3  規範モデル
 12.4  まとめと今後の研究
13. 営業部隊の報酬:MS/ORでの発展のレビュー
 13.1  はじめに
 13.2  モデルの構築といくつかのテクニック:ミクロ経済学的アプローチ
 13.3  モデルの構築とその技法:エージェンシー理論アプローチ
 13.4  営業マンの報酬モデルの実証研究
 13.5  営業部隊の報酬のための意思決定支援システム
 13.6  まとめと今後の課題
14. 営業部隊運営
 14.1  はじめに
 14.2  営業管理における意思決定領域
 14.3  文献レビュー
 14.4  研究機会
 14.5  要約
〔相互作用,戦略およびシナジー〕
15. マーケティング・ミックス・モデル
 15.1  はじめに
 15.2  マーケティング・ミックス変数の影響とその交互作用
 15.3  規範的なマーケティング・ミックスのモデル
 15.4  研究課題
 15.5  結論
16. マーケティング意思決定モデル:線形計画法から知識ベース・システムへ
 16.1  はじめに
 16.2  マーケティング意思決定モデルのキー・コンセプト
 16.3  人工知能
 16.4  AIと意思決定モデル
 16.5  結論
17. マーケティング戦略モデル
 17.1  はじめに
 17.2  戦略モデル:今日までの進歩
 17.3  伝統的戦略モデルの事例
 17.4  マーケティング戦略・事業戦略の非伝統的モデル
 17.5  非伝統的なマーケティング戦略モデルの効果的な使用事例
 17.6  21世紀の戦略とマーケティング戦略モデルの含意
 17.7  結論
18. マーケティング-生産協調意思決定
 18.1  はじめに
 18.2  分権型 対 調整型マーケティング-生産意思決定
 18.3  非定常な需要の平滑化・凸費用モデル
 18.4  生産操業量と受注量選択:凹費用モデル
 18.5  結論
19. 索 引

執筆者紹介

【編集者】J.リアシュバー,G.リエン
【監訳者】岡太彬訓,木島正明,守口 剛,森村英典
【訳者】井上哲浩,祝 辰也,上田隆穂,上田 徹,江原 淳,岡太彬訓,金子武久,木島正明,熊倉広志,里村卓也,清水 聰,白井美由里,田島博和,富山慶典,中村 博,西尾チヅル,平野勝義,守口 剛,森村英典

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library