朝倉機械工学講座 15 機械製図

大柳 康(著)

大柳 康(著)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

A5判/272ページ
刊行日:1984年03月20日
ISBN:978-4-254-23565-4 C3353

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

〔内容〕序章/一般機械製図法(規格,図面の大きさ,尺度,線,文字,図形,簡略図法,断面表示法,寸法,はめあい,寸法の許容差,表面あらさ,幾何学的公差,材料の表示,他)/各種機械要素などの製図法/スケッチ法/製図の自動化例/他

編集部から

目次

1. 序章
 1.1 はじめに
 1.2 機械製図規格
 1.3 図面の種類
2. 一般機械製図法
 2.1 製図規格との対話
 2.2 機械製図関連規格とその適用範囲
 2.3 図面の大きさとその配置法
 2.4 尺度の用い方
 2.5 線の種類と用法
 2.6 文字の表示法
 2.7 図形の表し方
 2.8 各種の簡略図示法
 2.9 特定形状および特殊加工部の表示法
 2.10 断面表示法
 2.11 寸法記入法
 2.12 寸法公差およびはめあいの表示
 2.13 その他の表示
 2.14 はめあい
 2.15 寸法の普通許容差
 2.16 表面粗さ・面の肌の記号
 2.17 幾何学的公差
 2.18 標準数
 2.19 材料の種類表示法
3. 各種機械要素などの製図法
 3.1 機械要素と製図
 3.2 ねじ部品・座金およびピン
 3.3 軸・軸継手およびキーなど
 3.4 軸受
 3.5 歯車
 3.6 ベルト車およびスプロケット
 3.7 ばね
 3.8 溶接製図
4. スケッチ法
 4.1 スケッチとは
 4.2 スケッチ法の種類
 4.3 スケッチ用具
 4.4 スケッチの順序
5. 製図の自動化例
 5.1 はじめに
 5.2 本例におけるハードウェアの概要
 5.3 本例におけるソフトウェアの概要
 5.4 出力図例
6. 索 引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library