機械工学テキストシリーズ 2 熱力学

小口 幸成(編著)/佐藤 春樹栩谷 吉郎伊藤 定祐高石 吉登矢田 直之洞田 治(著)

小口 幸成(編著)/佐藤 春樹栩谷 吉郎伊藤 定祐高石 吉登矢田 直之洞田 治(著)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

B5判/184ページ
刊行日:2006年04月10日
ISBN:978-4-254-23762-7 C3353

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

コンテンツダウンロード

内容紹介

ごく身近な熱現象の理解から,熱力学の基礎へと進む,初学者にもわかりやすい教科書。〔内容〕熱/熱現象/状態量/単位記号/温度/熱量/理想気体/熱力学の第一法則/第二法則/物質とその性質/各種サイクル/エネルギーと地球環境

編集部から

目次

1. 熱と熱現象
 1.1 熱とは
 1.2 熱の発生とエネルギー源
 1.3 熱現象のいろいろ
 1.4 熱の伝わり方
2. 状態量と単位記号
 2.1 熱力学で取り扱う用語と量
 2.2 量記号
 2.3 単位と単位系
 2.4 単位の計算
 2.5 状態量
 2.6 状態と状態変化
 2.7 熱力学の一般関係式
3. 温度と熱量
 3.1 温度と温度変化
 3.2 熱量の種類
 3.3 熱量の表し方
 3.4 比熱容量(比熱)
4. 理想気体とその性質
 4.1 理想気体とは
 4.2 理想気体の状態式
 4.3 理想気体の内部エネルギーとエンタルピー
 4.4 理想気体の比熱容量(比熱)
 4.5 気体の混合
 4.6 混合気体の性質
5. 熱力学の第一法則
 5.1 仕事量と仕事率
 5.2 熱力学の第一法則の役割
 5.3 熱と仕事の関係
 5.4 内部エネルギーとエンタルピー
 5.5 理想気体の熱と仕事の関係
6. 熱力学の第二法則
 6.1 自然界に起こる変化
 6.2 熱力学の第二法則の表現
 6.3 クラウジウスの環分
 6.4 エントロピーの定義
 6.5 エントロピーと熱力学の第二法則
 6.6 温度―エントロピー線図
 6.7 可逆変化におけるエントロピー変化
 6.8 不可逆変化におけるエントロピー増加
 6.9 へルムホルツ関数とギブス開数
7. 実在気体とその性質
 7.1 理想気体と実在気体
 7.2 物質の状態変化
 7.3 理想気体・純物質・混合物の熱力学状態曲面
 7.4 相変化・飽和状態・相律
 7.5 飽和状態変化と乾き度
 7.6 クラぺイロンの式
 7.7 ファン・デル・ワールスの状態式
 7.8 熱力学の一般関係式
 7.9 熱力学状態式
 7.10 蒸気表(物性値表)と状態図
8. 各種サイクルとその性能
 8.1 サイクル
 8.2 ガスサイクルと蒸気サイクル
 8.3 ガスサイクルとその性能
 8.4 蒸気サイクルとその性能
9. 各種エネルギーと地球環境
 9.1 エネルギーとは
 9.2 地球環境と地域環境(公害)
 9.3 エネルギーの種類
 9.4 エネルギー関数
 9.5 エンタルピー評価
 9.6 エクセルギー評価
巻末付表
索 引

執筆者紹介

【編集者】
小口幸成
【執筆者(執筆順)】
小口幸成,伊藤定祐,高石吉登,矢田直之,栩谷吉郎,佐藤春樹,洞田治

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library