シリーズ〈現代の品質管理〉 2 統計的品質管理 ―ステップアップのためのガイドブック―

永田 靖(著)

永田 靖(著)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

A5判/212ページ
刊行日:2009年06月10日
ISBN:978-4-254-27567-4 C3350

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

SQCの深い理解と知識の整理のために手法間の関連を重視した新視点の手引書〔内容〕確率分布(工程能力指数と不良率の関係他)検定・推定(最小2乗法他)実験計画法(実験データのグラフの作り方と見方他)多変量解析法(線形代数入門他)。

編集部から

2009年度「日経品質管理文献賞」を受賞しました。

目次

第I部 確率分布に関連して   

1. 工程能力指数と不良率との関係
2. データの変換
3. 期待値と分散
4. 期待値と分散の性質とその応用
5. 統計量の確率分布
6. カイ2乗分布と非心カイ2乗分布
7. t分布と非心t分布
8. F分布と非心F分布

第II部 検定・推定に関連して   

9. 最小2乗法
10. 区間推定
11. 予測区間
12. 許容区間
13. 検定における棄却域の設定方法の考え方
14.片側検定のときの帰無仮説の表示方法
15. 検定と区間推定との関係
16. 統計的方法の性能の評価尺度
17. 割引係数法・ベイズ推定・予備検定推定
18. 工程能力指数に関する推定と検定
19. 非正規分布のもとでの工程能力指数
20. 統計的方法におけるSN比
21. タグチメソッドにおける静特性のSN比
22. タグチメソッドにおける動特性のSN比

第III部 実験計画法に関連して    

23. 実験データのグラフの作り方と見方(1)
24. 実験データのグラフの作り方と見方(2)
25. 分散分析後の最適水準の設定と推定方法
26. 分散分析は母平均の検定か・母分散の検定か
27. 分散分析におけるプーリング
28. 実験計画法でのデータの取り方と解析方法

第IV部 多変量解析法に関連して    

29. 多変量解析法のための線形代数入門
30. 相関係数・重相関係数・偏相関係数
31. 重相関係数の利用
32. 偏相関係数の利用
33. 重回帰分析における偏回帰係数の解釈
34. 回帰分析vs.実験計画法
35. 多重共線性
36. マハラノビスの距離
37. マハラノビスの距離の推定量の性質

参考文献
索   引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library