朝倉書店 Asakura Pulishing Co., Ltd.
お問い合わせカートをみる購入ヘルプ
会社案内利用規約プライバシー規約サイトマップ採用情報常備店一覧English
教科書についてのお問合せ
「愛読者の声」ご投稿はこちら
ジャンル検索


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

最終更新日:2021.04.27

会社案内

樹木医学入門

樹木医学入門

A5/224ページ/2021年04月05日
ISBN978-4-254-47059-8 C3061
定価4,180円(本体3,800円+税)

福田健二 編

カートに入れる

※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。


【書店の店頭在庫を確認する】    

紀伊國屋書店 旭屋倶楽部 東京都書店案内

植物学や林学を学ぶ学生の入門書であり,かつ現役樹木医・教員が座右に置いておくべき書物〔内容〕分類と学名/構造と生理/気象環境/土壌環境/微生物/菌類の生態と分類/病害/虫害/防御反応/腐朽/診断/管理と法令,樹木医制度

編集部から

現役の樹木医・教員の読者にとって,そして林学に限らず植物や植物病理を学ぶ学生・大学院生の読者にとって極めて有用な書籍が出来上がりました.入門書として,さらに専門家になってからも使える本です.これまでの森林病理学関連書との違いにご注目ください.

執筆者一覧

■編集者
福田健二(ふくだけんじ) 東京大学大学院農学生命科学研究科

■執筆者(五十音順)
浦田啓充(うらたひろみつ) (一財)日本緑化センター
太田祐子(おおたゆうこ) 日本大学生物資源科学部
梶村 恒(かじむらひさし) 名古屋大学大学院生命農学研究科
勝木俊雄(かつきとしお) 森林総合研究所多摩森林科学園
楠本 大(くすもとだい) 東京大学大学院農学生命科学研究科
鈴木 覚(すずきさとる) 森林総合研究所
廣岡裕吏(ひろおかゆうり) 法政大学生命科学部
福田健二(ふくだけんじ) 東京大学大学院農学生命科学研究科
益守眞也(ますもりまさや) 東京大学大学院農学生命科学研究科
松下範久(まつしたのりひさ) 東京大学大学院農学生命科学研究科
本橋慶一(もとはしけいいち) 東京農業大学国際農業開発学科
山田利博(やまだとしひろ) 東京大学大学院農学生命科学研究科

■コラム執筆者(五十音順)
飯塚康雄(いいづかやすお) 国土技術政策総合研究所
岩切鮎佳(いわきりあゆか) 東京大学大学院農学生命科学研究科
浦田啓充(うらたひろみつ) (一財)日本緑化センター
小笠真由美(おがさまゆみ) 森林総合研究所関西支所
加賀谷悦子(かがやえつこ) 森林総合研究所
梶村 恒(かじむらひさし) 名古屋大学大学院生命農学研究科
勝木俊雄(かつきとしお) 森林総合研究所多摩森林科学園
亀山統一(かめやまのりかず) 琉球大学農学部
神崎菜摘(かんざきなつみ) 森林総合研究所関西支所
後藤 晋(ごとうすすむ) 東京大学大学院農学生命科学研究科
盒桐概子(たかはしゆきこ) 森林総合研究所
深澤尚樹(ふかざわなおき) 埼玉県樹木医会/株式会社葉守
福田健二(ふくだけんじ) 東京大学大学院農学生命科学研究科
本間 暁(ほんまさとる) 前文化庁
松村愛美(まつむらえみ) 森林総合研究所
渡辺敦史(わたなべあつし) 九州大学大学院農学研究院

目次

第1章 樹木医学とは
1.1 樹木医学とその関連分野
1.2 樹木医学の基礎となる分野の歴史
1.3 日本における樹木医学の発展
1.4 樹木医学の体系

第2章 樹木の分類と生活史
2.1 樹木の分類
2.2 植物の分類と命名
2.3 樹木の生活史

第3章 樹木の生理生態と組織構造
3.1 樹木の生態と生理特性
3.2 種子散布と発芽
3.3 葉の構造と機能
3.4 樹幹の構造と機能
3.5 根の形態と共生
3.6 開花と結実

第4章 樹木と気象環境
4.1 日射と放射,熱収支
4.2 降水
4.3 風
4.4 世界規模の異常気象をもたらす気象現象
4.5 気象害

第5章 樹木と土壌環境
5.1 根と土壌
5.2 土壌中の水
5.3 土壌中の養分
5.4 土壌中の空気
5.5 土壌の調査と改良

第6章 樹木と微生物
6.1 樹木と微生物との相互作用
6.2 樹木と窒素固定微生物との相利共生
6.3 樹木と菌根菌との相利共生

第7章 菌類の生態と分類
7.1 菌類の生態と多様性
7.2 菌類の分類と系統

第8章 樹木の病害
8.1 樹木の病気とは
8.2 樹木に発生する主な病気
8.3 樹木の侵入病害
8.4 樹木病害の防除

第9章 樹木の虫害
9.1 害虫の分類
9.2 害虫の大発生
9.3 穿孔性害虫種
9.4 樹木病原性微生物を媒介する害虫

第10章 樹木の防御反応
10.1 樹木の恒常的防御と誘導防御
10.2 葉や樹皮で起こる防御反応
10.3 材で起こる防御反応
10.4 防御反応の誘導機構

第11章 樹木の腐朽
11.1 樹木の腐朽と腐朽病害
11.2 木材腐朽能力をもつ菌類,細菌類
11.3 腐朽型(白色腐朽,褐色腐朽,軟腐朽)
11.4 心材と辺材,心材腐朽と辺材腐朽
11.5 枝腐朽,幹腐朽,根株腐朽
11.6 感染様式(胞子感染,栄養繁殖)
11.7 防除

第12章 樹木の診断と治療
12.1 外観診断
12.2 生理状態の機器診断
12.3 危険度の機器診断
12.4 生理的障害に対する対策
12.5 危険度に関する対策

第13章 樹木の保護管理制度と樹木医
13.1 樹木の保護管理制度
13.2 樹木医制度

■コラム目次
コラム1 ‘染井吉野’の寿命
コラム2 木部の通水阻害域の観察法
コラム3 温暖化とフェノロジー
コラム4 内生菌
コラム5 マツ枯れのメカニズム
コラム6 マツノザイセンチュウ抵抗性育種
コラム7 雪腐病
コラム8 亜熱帯地域の樹木病害―琉球列島における事例―
コラム9 ナラ枯れ発生のメカニズム
コラム10 菌類と媒介昆虫の共進化
コラム11 マツノザイセンチュウ近縁種の媒介昆虫利用様式
コラム12 侵入害虫と防除
コラム13 白色腐朽菌と褐色腐朽菌の進化
コラム14 街路樹の診断と管理
コラム15 樹木の全国調査から―巨樹・巨木林と街路樹―
コラム16 天然記念物と樹木医
コラム17 世界の樹木医制度