火山のはなし ―災害軽減に向けて―

下鶴 大輔(著)

下鶴 大輔(著)

定価 3,190 円(本体 2,900 円+税)

A5判/176ページ
刊行日:2000年07月10日
ISBN:978-4-254-10175-1 C3040

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

数式はいっさい使わずに火山の生い立ちから火山災害・危機管理まで,噴火予知連での豊富な研究と多くのデータをもとにカラー写真も掲載して2000年の有珠山噴火まで解説した火山の脅威と魅力を解きほぐす“火山との対話”を意図した好著

編集部から

目次

1.はじめに
2.どうしてそこに火山があるのか
 2.1 火山と活火山の定義
 2.2 マグマはどこから
 2.3 マグマ溜りが爆弾庫
3.噴火の理由
 3.1 マグマに溶け込んでいる気体が犯人
 3.2 マグマの性質と噴火の多様性
 3.3 爆発的噴火の理屈
4.噴火の前兆
 4.1 火山活動とは
 4.2 宏観異常現象
5.噴火の予知と予測
 5.1 噴火予知の社会的背景
 5.2 噴火予知の5要素と問題点
6.最近の噴火の事例
 6.1 1983年三宅島の噴火
 6.2 1986年伊豆大島の噴火
 6.3 1989年伊豆東部火山群の海底噴火
 6.4 1990-1995年雲仙普賢岳の噴火
 6.5 1983-1985年のラバウルカルデラの危機
 6.6 2000年有珠山の噴火
7. 火山災害の特徴
 7.1 災害の分類
 7.2 災害の範囲は3次元
8. 災害軽減のために
 8.1 防災機関としての気象庁の火山監視の歴史
 8.2 火山情報と問題点
 8.3 火山噴火予知連絡会
 8.4 火山災害予測図
 8.5 自治体の危機管理
 8.6 情報伝達としてのマスメディア
文献
あとがき
索引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library