C言語によるコンピュータ入門

豊田 正(編著)/中山 功原 啓明安江 正樹(著)

豊田 正(編著)/中山 功原 啓明安江 正樹(著)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

A5判/248ページ
刊行日:2002年04月10日
ISBN:978-4-254-12152-0 C3004

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

豊富な例題でプログラミングを修得し,ハードも理解することでコンピュータの仕組みがわかる。〔内容〕コンピュータの誕生と発展/ハードウェアの基礎/C言語を操る/数値データ・文字データの表示/キーボードからの入力/データベース/他。

編集部から

目次

1. コンピュータの誕生と発展
 1.1 コンピュータの構造
 1.2 コンピュータの誕生:バッベージとエイダ
 1.3 アラン・チューリング
 1.4 ツーセ,ホラリス,アイケン
 1.5 ENIAC
 1.6 EDSAC
 1.7 IBM360からスーパーコンピュータまで
 1.8 オペレーティングシステムの誕生
 1.9 マイクロプロセッサの誕生
 1.10 インターネットの誕生
 1.11 WWWの誕生
 1.12 ソフトウェアの危機とソフトウェア・エンジニアリング
2. ハードウェアの基礎
 2.1 チューリングマシン(TM)とその動作
 2.2 情報の表現
 2.3 2値動作と論理回路
 2.4 論理関数とプール代数
 2.5 記憶機能をもつフリップフロツプ(FF)回路
 2.6 量子コンピュータ
3. C言語を操る
 3.1 はじめに
 3.2 プログラムの取り決め
 3.3 実行してみよう
 3.4 プログラミング概要
4. 記憶領域とデータ型
 4.1 記憶領域と変数
 4.2 数値の種類
 4.3 整数の取り扱い
 4.4 データ型
 4.5 内部アドレス
5. 数値データの表示
 5.1 printf関数と番地
 5.2 小数点数
 5.3 負の数と整数
 5.4 記憶領域と番地
6. 文字列データの表示
 6.1 番地とポインタ
 6.2 ポインタの型
 6・3 文字列専用表示関数puts
 6・4 文字専用表示関数putchar
7. キーボードからの入力
 7.1 数値入力
 7.2 文字列入力
 7.3 1文字入力
8. 流れの制御
 8.1 選択処理
 8.2 if文による制御
 8.3 switch文による制御
 8.4 反復処理
 8.5 while文による制御
 8.6 for文による制御
 8.7 無限ループ
 8.8 連続キー入力による処理
9. C言語と番地表記
 9.1 配列と番地表記法
 9.2 行列表記
 9.3 配列・行列の要素
10. 関数の仕組み
 10.1 データ数値のやりとり
 10.2 番地数値のやりとり
 10.3 関数の計算結果を知る
 10.4 文字列操作関数
 10.5 日本語文字と符号無文字型
11. データベース
 11.1 構造体
 11.2 キーボード入力
 11.3 プログラム概要
 11.4 構造体の配列
 11.5 リスト構造
12. C言語による数値解析入門
 12.1 計算機と数値計算
 12.2 誤差と計算量
 12.3 数値計算アルゴリズム
13. C言語による数値解析応用
 13.1 方程式の解
 13.2 連立1次方程式
 13.3 固有値と固有ベクトル
 13.4 数値積分
 13.5 微分方程式
 13.6 多変量解析
 13.7 加速法
 13.8 プログラム例
14. 参考文献
15. 索  引

執筆者紹介

【執筆者】豊田 正,原 啓明,安江正樹,中山 功

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library