図解生物科学講座 6 現代生物学

石原 勝敏(著)

石原 勝敏(著)

定価 4,290 円(本体 3,900 円+税)

B5判/176ページ
刊行日:1998年04月30日
ISBN:978-4-254-17586-8 C3345

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

進展著しく,又学際的色彩の強い生物学を,細胞・遺伝子レベルから発生・神経・進化・生態にいたる範囲を平易に解説。〔内容〕生物学のあゆみ/細胞/生体の機能/生殖と発生/遺伝と遺伝子/ホメオスタシス/進化/生態:環境と適応

編集部から

目次

1. 生物学のあゆみ
 1.1 近代生物学の確立
 1.2 顕微鏡の発明と微生物の発見
 1.3 細胞の発見と細胞説
 1.4 ATPの発見と生化学
 1.5 遺伝子の発見と形質発現
 1.6 バイオテクノロジーとライフサイエンス
2. 細  胞
 2.1 細胞の構造
 2.2 細胞の成分
 2.3 細胞膜
 2.4 細胞小器官
 2.5 核
 2.6 ミトコンドリア
 2.7 葉緑体
 2.8 細胞骨格
 2.9 細胞分裂
 2.10 細胞周期
 2.11 細胞融合
 2.12 細胞の情報伝達
3. 生体の機能
 3.1 解糖
 3.2 呼吸
 3.3 生体物質の合成(1)糖新生と脂質
 3.4 生体物質の合成(2)アミノ酸・タンパク質
 3.5 酵素
 3.6 筋収縮
 3.7 解毒:肝臓
 3.8 尿の生成:腎臓
 3.9 細胞運動
 3.10 生体防御(1)抗原と抗体
 3.11 生体防御(2)液性免疫と細胞性免疫
4. 生殖と発生
 4.1 性と生殖
 4.2 生殖細胞の起源
 4.3 性の分化
 4.4 配偶子形成
 4.5 受精
 4.6 卵割
 4.7 胞胚と形態形成運動の開始
 4.8 原腸形成
 4.9 誘導
 4.10 極性
 4.11 細胞接着と細胞外基質
 4.12 パターン形成:位置情報,形態形成遺伝子
 4.13 器官形成
5. 遺伝と遺伝子
 5.1 遺伝学の発達
 5.2 遺伝子
 5.3 DNAの構造
 5.4 DNAの複製
 5.5 DNAの遺伝情報とRNA
 5.6 RNAの完成(プロセシング)
 5.7 タンパク質の合成―mRNAの翻訳
 5.8 遺伝子発現のしくみ
 5.9 遺伝子の発現調節
 5.10 遺伝子操作
 5.11 突然変異
6. ホメオスタシス
 6.1 神経系とその作用
 6.2 神経の興奮と伝導
 6.3 興奮の伝達
 6.4 自律神経系
 6.5 内分泌器官とホルモン
 6.6 ホルモンの作用とホルモン受容体
 6.7 いろいろな動物のホルモン
 6.8 水分調節と体温調節
 6.9 消化系とホルモン
 6.10 生殖とホルモン
 6.11 変態とホルモン
 6.12 フェロモン
7. 進  化
 7.1 生命の起源
 7.2 細胞の進化
 7.3 生物の進化論
 7.4 進化の要因
 7.5 進化の過程
 7.6 進化と発生
 7.7 ヒトの進化
8. 生  態
 8.1 環境と生物
 8.2 生物の活動と環境
 8.3 生物の相互関係
 8.4 生態系の機造と機能
 8.5 生態系の推移
 8.6 人類と環境
 8.7 環境破壊と環境保全
9. 索  引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library