機械工学基礎講座 17 自動制御

増淵 正美(著)

増淵 正美(著)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

A5判/216ページ
刊行日:1976年05月15日
ISBN:978-4-254-23548-7 C3353

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

大学・短大・高専の学生を対象に,自動制御の本質を理解できるように平易に解説したテキスト。〔内容〕自動制御の概念/要素とシステムの特性/時間領域における応答/周波数領域における応答/制御用機器/フィードバック制御系の構成/他

編集部から

目次

1. 自動制御の概念
 1.1 自動制御の意義,必要性
 1.2 歴史的発展と重要性
 1.3 自動制御の基本的意味とその種類
 1.4 制御応答のよさの評価
 1.5 問題
2. 要素とシステムの特性
 2.1 要素の入出力関係
 2.2 伝達関数
 2.3 多入力,多出力システムの特性
 2.4 アナログ回路
 2.5 問題
3. 時間領域における応答
 3.1 過渡応答と定常応答
 3.2 特性根と過渡応答
 3.3 状態方程式の解法
 3.4 時間領域での応答の評価基準
 3.5 問題
4. 周波数領域における応答
 4.1 周波数応答
 4.2 周波数特性――ベルトル軌跡とボード線図
 4.3 閉回路の周波数特性
 4.4 非線形要素の近似周波数応答
 4.5 周波数領域での応答の評価基準
 4.6 問題
5. 制御用機器
 5.1 機械的基本要素
 5.2 電気的基本要素
 5.3 制御機器
 5.4 問題
6. フィードバック制御系の構成
 6.1 フィードバック制御の特色
 6.2 安定と不安定,安定条件
 6.3 動特性の測定
 6.4 フィードバック制御系の計画法
 6.5 パラメータを決定する系
 6.6 特殊補償を行う系
 6.7 非線形制御系――飽和のある系と2値制御系
 6.8 問題
7. 参考書
8. 問題の解答
9. 付 録
10. 索 引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library