応用化学講座 7 高分子材料化学

(編著)

(編著)

定価 5,280 円(本体 4,800 円+税)

A5判/260ページ
発売日:1994年09月01日
ISBN:978-4-254-25537-9 C3350

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

脚光を浴びる高分子材料について「反応」と「材料」の観点から手際よく解説。〔内容〕高分子材料合成/ゴム・塗料・接着剤/樹脂材料/繊維・フィルム材料/ポリマーアロイ/電子・電気・磁気材料/光機能材料/分離機能材料/生医学材料

編集部から

目次

1. 序 論
 1.1 高分子の歴史
 1.2 高分子の定義
 1.3 高分子の分類
 1.4 高分子の特性
 1.5 高分子工業の現状と将来
2. 高分子材料合成
 2.1 重合反応の分類
 2.2 ラジカル重合
 2.3 イオン重合
 2.4 遷移金属触媒重合
 2.5 重縮合反応
 2.6 重付加反応
 2.7 開環重合
 2.8 高分子合成における構造規制
3. ゴム・塗料・接着剤
 3.1 新しいエラストマー
 3.2 塗 料
 3.3 接着剤
4. 樹脂材料
 4.1 エンジニアリングプラスチック
 4.2 液晶高分子
 4.3 形状記憶機脂
 4.4 高分子ゲル
 4.5 ゾル-ゲル法を用いた樹脂材料
5. 繊維・フィルム材料
 5.1 繊維材料
 5.2 フィルム材料
6. ポリマーアロイと複合材料
 6.1 ポリマーアロイ
 6.2 複合材料
7. 電子・電気・磁気材料
 7.1 絶縁材料
 7.2 強誘電性高分子
 7.3 圧電性・焦電性高分子
 7.4 イオン伝導性高分子
 7.5 導電性高分子
 7.6 磁性高分子材料
8. 光機能材料
 8.1 光レジスト材料
 8.2 電子線レジスト
 8.3 光導電性材料
 8.4 光記録材料
9. 分離機能材料
 9.1 イオン交換樹脂,イオン交換膜,キレート樹脂
 9.2 気体分離膜
 9.3 水-アルコール分離膜―パーベーパレーション法―
 9.4 逆浸透膜
 9.5 光学分割用材料
10. 生医学材料―バイオマテリアル
 10.1 血液適合性材料
 10.2 人工臓器
 10.3 生体内分解吸収性ポリマー
 10.4 コンタクトレンズと人工水晶体
 10.5 高分子医薬
 10.6 固定化酵素
 10.7 血球分離材料
11. 参考文献
12. 索 引

執筆者紹介

【総編集者】伊藤嘉彦,生越久靖,北沢宏一,御園生 誠,諸岡良彦
【編集者】小林四郎
【執筆者】小野勝道,蒲池幹治,川上雄資,木村良晴,小林四郎,森島洋太郎

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library