シリーズ〈建築工学〉 2 建築構造の力学

西川 孝夫北山 和宏藤田 香織隈澤 文俊荒川 利治山村 一繁小寺 正孝(著)

西川 孝夫北山 和宏藤田 香織隈澤 文俊荒川 利治山村 一繁小寺 正孝(著)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

B5判/144ページ
刊行日:2003年01月28日
ISBN:978-4-254-26872-0 C3352

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

初めて構造力学を学ぶ学生のために,コンピュータの使用にも配慮し,やさしく,わかりやすく解説した教科書。〔内容〕力とつり合い/基本的な構造部材の応力/応力度とひずみ度/骨組の応力と変形/コンピュータによる構造解析/他

編集部から

目次

1. 力とつり合い
 1.1 骨組と作用力および部材内力のモデル化
2. 基本的な構造部材の応力
 2.1 断面に作用する応力
 2.2 断面応力の求め方
 2.3 断面応力の図示
 2.4 荷重,せん断力および曲げモーメントの関係
 2.5 基本的な構造の応力図
3. 応力度とひずみ度
 3.1 応力度
 3.2 ひずみ度
 3.3 応力度とひずみ度
 3.4 断面の性質
 3.5 部材内の応力状態
 3.6 部材の変形
4. 仕事とエネルギー
 4.1 仕事(外力のする仕事,外力仕事)の定義
 4.2 ひずみエネルギー(内力のする仕事,内力仕事)の定義
 4.3 仮想仕事に関する諸定理
5. 骨組の応力と変形
 5.1 静定骨組の応力と変形
 5.2 静定トラスの応力と変形
 5.3 不静定はりの応力
 5.4 不静定トラスの応力
 5.5 不静定骨組の応カ―たわみ角法による解法
 5.6 固定法
 5.7 不静定骨組の変形
6・ コンピュータによる構造解析
 6.1 マトリクス構造解析法
 6.2 剛性法
 6.3 プログラムを用いた解析例
7. 演習間題と解答
索 引

執筆者紹介

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library