ベラン世界地理大系 12 インド・南アジア

星埜 守之柴田 匡平(編訳)

星埜 守之柴田 匡平(編訳)

定価 19,800 円(本体 18,000 円+税)

B4変型判/240ページ
刊行日:2007年09月20日
ISBN:978-4-254-16742-9 C3325

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

フランス独自の視点から世界の地理を読み解く。〔内容〕インド亜大陸/インド連邦/カルカッタとボンベイ/カシュミール地方/ハイデラバードとバンガロール/パキスタン/バングラデシュ/ネパール/スリランカ/ブータン/モルディブ/他

編集部から

海外で定評の“Geographie Universelle”(BELIN-RECLUS)を完訳。
 原題の“Ge´ographie Universelle”を標榜するフランスの世界地誌シリーズは過去に2回(1876─94[全19巻],1927─48[全15巻]。1820─29も含めて3回とする説あり)刊行されており,長い伝統を有している。中でも48年に完結した15巻はヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュの編纂によるもので,ブラーシュの名は「環境可能論」の提唱者として日本でも名高い。
 本大系の原著はこの“GU”の嫡流に当たる。3回目のシリーズとしてBelin-Reclus社から1990─96年に全10巻構成で出版されたものだが,“GU”としては初めての日本語版である(第1巻『世界I』から第20巻『ラテンアメリカII』まで原著各巻を2分冊で刊行予定)。
 『図説大百科世界の地理』などの既刊関連書と読み比べるとわかるが,基本データをまとめて表示するようなことはせず,すべてが文章中に解説される。また内容構成上も,自然と人文,あるいは気候,地形,歴史,政治などといったカテゴリーを区分して説明せず,国や地域を単位として総合的な記述を試みている。
 例えば,第1回配本の第12巻『インド・南アジア』(星埜守之・柴田匡平編訳)は,「領土の起源」「都市のネットワーク」「デルタ地帯と人間」といった章立てで,空間構造の地理学的な解釈と新たなモデルの提示が主体を成し,シンボリックな図版が添えられている。この点で英米の地誌とは異なる独特の雰囲気を醸し出している。
 原文がフランス語(それもかなり難解な)ということもあり,編訳者は各巻ごとに仏語・地理の専門家が2人ずつ配され,全体を田辺先生(地理)と竹内先生(仏語)にチェックいただいた。先生方の労苦が報われることを切に願う。 (三尾)

目次

Ⅰ インド亜大陸
1. 領土の起源
2. さまざまなルーツ
3. 人   口
4. インド世界の諸空間

Ⅱ インド連邦
5. 妥協と紛争 
6. インドの道 
7. 農業の限界
8. 都市のネットワーク
9. 工業発展と国土整備

Ⅲ インド連邦の諸地域
10. 大都市の重み―ムンバイとコルカタ―
11. ヒンドゥスタンの中央で
12. 中央部の辺境と山岳部の辺境 
13. 南インド 

Ⅳ インド地域におけるイスラーム国
―パキスタンとバングラデシュ―
14. イスラームとインダス川の国,パキスタン 
15. パキスタンの新しい装い 
16. パンジャーブ州と他の諸州―矛盾と機能不全― 
17. バングラデシュ―古い国と新しい国民― 
18. デルタ地帯と人間 

Ⅴ 島国と山国
19. アジアの先端,スリランカ
20. 統合と分断のはざまにあるスリランカ 
21. 山頂の国々と,水面に浮かぶ花モルディブ

編訳者あとがき 
索 引 
参考文献 
出典一覧 

執筆者紹介

【監訳者】
田辺 裕,竹内信夫
【編訳者】
星埜守之,柴田匡平
【翻訳者】
星埜守之,後藤敏郎,中尾和美,白井恵一,井田 尚(翻訳順)

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library