ファイナンス・ライブラリー 8 市場リスクとデリバティブ

安岡 孝司(著)

安岡 孝司(著)

定価 2,970 円(本体 2,700 円+税)

A5判/176ページ
発売日:2005年06月28日
ISBN:978-4-254-29538-2 C3350

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

基礎的な確率論と微積分の知識を有する理工系の人々を対象に,実例を多く揚げ市場リスク管理実現をやさしく説いた入門書。〔内容〕金融リスク/金融先物および先渡/オプション/オプションの価格付け理論/金利スワップ/金利オプション

編集部から

目次

1. 金融リスク
 1.1 市場の値動き
 1.2 金融リスク
 1.3 金融派生商品とリスク管理
2. 金融先物および先渡
 2.1 金利の基礎事項
 2.2 先物契約
 2.3 光渡契約
 2.4 先渡価格と先物価格
3. オプション
 3.1 オプションとその価値
 3.2 オプションの種類
 3.3 上場オプション
4. オプションの価格付け理論
 4.1 資産価格の挙動
 4.2 二項モデルによるオプション価格
 4.3 ブラック-ショールズ・モデル
5. 金利スワップ
 5.1 金利スワップ
 5.2 フォワード・スワップ
 5.3 金利スワップ先物
6. 金利オプション
 6.1 先物オプションの価格
 6.2 金利キャップ・フロア
 6.3 スワプション
 6.4 デリバティブ・ポートフォリオのリスク管理
 6.5 金利期間構造モデルの概要
A. 付録
 A.1 確率論の基礎用語
 A.2 ブラック-ショールズ公式について
 A.3 インプライド・ボラティリティの算出
文 献
索 引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library