朝倉日英対照言語学シリーズ 発展編 2 心理言語学

西原 哲雄(編)

西原 哲雄(編)

定価 3,520 円(本体 3,200 円+税)

A5判/176ページ
発売日:2017年03月25日
ISBN:978-4-254-51632-6 C3380

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

人間がいかにして言語を獲得・処理していくのかを,音声・音韻の獲得,単語・語彙の獲得,文理解・統語の獲得,語用の理解と獲得,言語獲得と五つの章で,心理言語学を初めて学ぶ学生にも理解できるよう,日本語と英語を対照しながら解説。

編集部から

目次

序章:心理言語学とは何か 西原哲雄
第1章 音声・音韻の獲得 冨田かおる・西原哲雄
 音声・音韻概論/音声・音韻の習得/母音/子音/音声・音韻の発展
第2章 単語・語彙の獲得 中田達也
 語彙を習得するとはどういうことか?/語彙知識の測定/語彙習得のプロセス/偶発的学習と意図的学習/語彙習得に影響を与える要因
第3章 文理解・統語の獲得 中西 弘
 文を理解するとは/統語処理の心的メカニズム/まとめ─統語構築の自動化を目指して
第4章 語用の理解と獲得 高橋 潔
 語用の理解と習得/学習者の語用論/自己開示とあいづち/対人関係配慮型と情報探究会話協同構築型/日本の英語教育への示唆
第5章 言語獲得 鈴木 渉
 理論/音の発達/語彙の発達/文法の発達/語用論的知識の発達/手話の獲得/バイリンガルの言語獲得/まとめ

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library